IoT ウェアラブル 日本航空

JAL、IoTと人工知能で従業員満足度を向上--仮説の設定と検証を自動化

日本航空(JAL)がIoTと人工知能を用いた実証実験を始める。従業員の身体運動をセンサでとらえ、人工知能で分析することで従業員満足度の向上を目指す。

 日本航空(JAL)は、モノのインターネット(IoT)と人工知能の技術を用いて、同社の従業員満足度を向上するための実証実験を始める。技術面は日立製作所が支援する。期間は10月5日から3カ月間。

 ワークスタイル変革の施策と従業員満足度の間にどのような関係があるかを明らかにする。具体的には、JALの間接部門で働く従業員約80人を対象に、日立グループが開発したIoTデバイス「名札型ウェアラブルセンサ」を用いて従業員の身体運動をとらえる。その身体運動の特徴パターンから、集団の活性度を定量的に算出した「組織活性度」と、従業員の属性や担当業務の特性、ワークスタイル変革施策の実施状況などのデータを組み合わせ、日立の人工知能を用いて分析する。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  5. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan