IAサーバ NEC 日本ヒューレット・パッカード 富士通 IDC Japan

ODMの勢いが止まらない国内x86サーバ市場--1位はNEC、2位は富士通

ユーザー企業が受託製造(ODM)メーカーにサーバを直接発注する購買方式が拡大している。

 ユーザー企業が受託製造(ODM)メーカーにサーバを直接発注する「ODMダイレクト」が急増している。IT専門調査会社のIDC Japanが10月5日に発表した「2014年国内x86サーバ市場競合分析結果」によると、ODMダイレクトの出荷台数シェアは、前年比3.1ポイント増の8.0%に拡大した。サーバベンダーは自社の得意分野を見極め、どの製品カテゴリに注力するかが重要になるという。

 2014年の国内x86サーバ市場は、出荷額と出荷台数のシェアでNECが1位となった。2位に富士通、3位に日本ヒューレット・パッカードが続く。3社合計の出荷台数シェアは、同2.2ポイント増の64.7%となった。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan