開発ツール 日本マイクロソフト

Visual Studio:iOSやAndroidのアプリも作れる統合開発環境

「Microsoft Visual Studio」はWindows、iOS、Android、Linuxのマルチプラットフォームで稼働するアプリケーションを開発できる統合開発環境である。

 日本マイクロソフトの「Microsoft Visual Studio」は、ソフトウェア開発製品群と、それらを管理する統合開発環境である。

 最新版のVisual Studio 2015では、従来のデスクトップアプリケーション(Win32プログラム、.NETプログラム、.NET Framework)に加え、新たにユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)向けのアプリやゲームの開発をサポートした。UWPアプリは、Windows 10がサポートするさまざまなデバイスで動作させることが可能なプログラム。単一のプログラムをPCやWindows Phoneで動かせる仕組みだ。

 Visual Studio 2015は、(1)Visual C/C++処理系である「Visual C++」、(2)C#処理系である「Visual C#」、(3)主にGUIの開発に使われる「Visual Basic」、(4)F#処理系の「Visual F#」、(5)ウェブサイトやウェブアプリケーション、ウェブサービスの開発で使用される「Visual Web Developer」、(6)従来の「Visual SourceSafe」に替わる新しい総合管理システム「Team Foundation Server」――などの開発ツールと開発環境で構成する。対応するプログラミング言語は、C#、Visual Basic、F#、C++、Python、Node.js、HTML/JavaScript、TypeScript。稼働ターゲットとなるOSとして、同社のWindowsに加えて、iOS、Android、Linuxに対応する。

 Visual Studio 2015の主要なエディションには、(1)非エンタープライズ用アプリケーションの開発者を対象とした「Visual Studio Community 2015」、(2)個人開発者や小さいチームを対象とした「Visual Studio Professional with MSDN」、(3)高度なテストおよびDevOps機能を備え、どんなサイズと複雑さのプロジェクトに従事するチームにも対応する「Visual Studio Enterprise with MSDN」――の3種類がある。

Visual Studio 2015
最新版のVisual Studio 2015でUWPアプリに対応した(日本マイクロソフト提供)
Microsoft Visual Studioの概要
用途と機能UWPアプリに対応した統合開発環境
特徴最新版でUWPアプリに対応。Windows 10が稼働するさまざまなデバイス向けのアプリを開発できる
税別価格Visual Studio Community:無償
Visual Studio Professional with MSDN:15万4180円
Visual Studio Enterprise with MSDN:78万6770円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan