NoSQL

「OrientDB」--生粋のマルチモデルDBをOrient Technologies社長が解説

マルチモデル型データベースの理解を深め、多様なデータベース市場にどう適応させられるか知ってもらうため、筆者のMongoDB時代の元同僚で、現在Orient Technologiesのプレジデントに話を伺った。

 データベース市場において、売上高の大半は現在もOracleなどのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)が確保している。導入数の多くを占めるのはMongoDBで、規模の観点ではCassandraの存在が大きい。

 それなら、何がグラフデータベースの強みだろうか。

 グラフ型のデータベースはドキュメント指向型やカラム型のデータベースほど話題に上らないが、企業で求められる作業に対応可能だ。グラフデータベースは、データ自体に固定された情報でなく、データ同士の関係を表現することで、複雑さが増すビッグデータを操作しやすくする強力な新しい方法を開発者に与えてくれる。

 グラフデータベースの理解を深め、多様なデータベース市場にどう適応させられるか知ってもらうため、筆者のMongoDB時代の元同僚で、現在Orient Technologiesのプレジデントを務めるLuca Olivari氏に話を伺った。OrientDBは、マルチモデル型データベースで、グラフ型のほか、ドキュメント型およびリレーショナル型としても機能する。

残り本文:約2898文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan