NoSQL

「OrientDB」--生粋のマルチモデルDBをOrient Technologies社長が解説

マルチモデル型データベースの理解を深め、多様なデータベース市場にどう適応させられるか知ってもらうため、筆者のMongoDB時代の元同僚で、現在Orient Technologiesのプレジデントに話を伺った。

 データベース市場において、売上高の大半は現在もOracleなどのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)が確保している。導入数の多くを占めるのはMongoDBで、規模の観点ではCassandraの存在が大きい。

 それなら、何がグラフデータベースの強みだろうか。

 グラフ型のデータベースはドキュメント指向型やカラム型のデータベースほど話題に上らないが、企業で求められる作業に対応可能だ。グラフデータベースは、データ自体に固定された情報でなく、データ同士の関係を表現することで、複雑さが増すビッグデータを操作しやすくする強力な新しい方法を開発者に与えてくれる。

 グラフデータベースの理解を深め、多様なデータベース市場にどう適応させられるか知ってもらうため、筆者のMongoDB時代の元同僚で、現在Orient Technologiesのプレジデントを務めるLuca Olivari氏に話を伺った。OrientDBは、マルチモデル型データベースで、グラフ型のほか、ドキュメント型およびリレーショナル型としても機能する。

残り本文:約2898文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  2. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  3. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  4. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  5. モノのサービス化を支える! ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを上昇気流に乗せたSPM

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]