MDM レコモット

moconavi:パブリックのCRMやストレージと連携するモバイルアプリ管理ツール

モバイルアプリ管理ツール「moconavi」は、暗号化通信でセキュアに社内システムと連携できる。標準でメールやアドレス帳、カレンダーなどの機能を搭載。パブリッククラウドのCRMやストレージと連携する。

moconaviのポイント

  • 端末にデータを残さないためリモートワイプなどが不要
  • メールやアドレス帳などのほかにパブリッククラウドのサービスとも連携
  • 開発フレームを使って独自のアプリを開発可能

moconaviの製品解説

 レコモットの「moconavi」は、私物のスマートフォンでも業務システムとして活用できるモバイルアプリ管理(Mobile Application Management:MAM)ツール。業務システムと暗号化通信で連携できる。

編集部おすすめの関連記事

 モバイル端末の内部を業務用の区画を作るコンテナに分ける。端末にデータを残さないので、遠隔で端末のデータを削除する機能であるリモートワイプ、モバイル端末管理(Mobile Device Management:MDM)といったシステムは不要。独自アプリの形式で、業務利用に最適な機能を多数提供している点も使いやすい。個人端末の業務利用(BYOD)と会社支給端末の個人利用(COPE)のどちらにも対応する。

 電話やメール、アドレス帳、カレンダー、セキュアブラウザ、ストレージ、CRM、ドキュメントビューワ、ビジネスチャットなどの機能を標準で搭載。電話機能は、業務で使った分と私的利用分を分けられる。ビジネスチャットはグループでのチャットのほかにスタンプや写真、動画などに対応する。

 グループウェアやクラウドストレージ、顧客管理システム(CRM)などで他社製品も利用できる。グループウェアではOffice 365/ExchangeやサイボウズOffice/Garoon、G Suite、Lotus Notes。クラウドストレージはDropboxやBox、Google Drive、OneDrive for Businessなど。CRMはSalesforceやkintone、Sansanなど。標準で搭載されるストレージやCRMから外部の各サービスに接続できる。

 認証はデバイスIDの多要素認証やActive Directory、SAML、デバイスに搭載される生体認証などに対応し、主要なワンタイムパスワードにも対応している。

 開発フレームワーク「moconavi-Apps」を使って連携用の「adapterサーバソフト」を開発することで、独自開発アプリを利用できるようになる。開発には、動的に画面を生成するためのXMLベースのプロトコルを使用する。

 クラウド型とオンプレミス型を選択できる。クラウド型では、組織内に接続用ソフトウェアをインストールすれば利用できる。オンプレミス型では同社がソフトウェア一式を提供する。

moconaviのまとめ
用途と機能端末にデータを残さないMAMツール
特徴BYODとCOPEのどちらにも対応。パブリックのクラウドストレージやCRMと連携。Active Directoryやワンタイムパスワード、生体認証などさまざまな認証に対応
導入企業りそなグループ、オリックス・レンテック、JAFCO、KDDI、NTTコミュニケーションズ、アシスト、ユニシス、ほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]