MDM レコモット

moconavi:パブリックのCRMやストレージと連携するモバイルアプリ管理ツール

モバイルアプリ管理ツール「moconavi」は、暗号化通信でセキュアに社内システムと連携できる。標準でメールやアドレス帳、カレンダーなどの機能を搭載。パブリッククラウドのCRMやストレージと連携する。

moconaviのポイント

  • 端末にデータを残さないためリモートワイプなどが不要
  • メールやアドレス帳などのほかにパブリッククラウドのサービスとも連携
  • 開発フレームを使って独自のアプリを開発可能

moconaviの製品解説

 レコモットの「moconavi」は、私物のスマートフォンでも業務システムとして活用できるモバイルアプリ管理(Mobile Application Management:MAM)ツール。業務システムと暗号化通信で連携できる。

編集部おすすめの関連記事

 モバイル端末の内部を業務用の区画を作るコンテナに分ける。端末にデータを残さないので、遠隔で端末のデータを削除する機能であるリモートワイプ、モバイル端末管理(Mobile Device Management:MDM)といったシステムは不要。独自アプリの形式で、業務利用に最適な機能を多数提供している点も使いやすい。個人端末の業務利用(BYOD)と会社支給端末の個人利用(COPE)のどちらにも対応する。

 電話やメール、アドレス帳、カレンダー、セキュアブラウザ、ストレージ、CRM、ドキュメントビューワ、ビジネスチャットなどの機能を標準で搭載。電話機能は、業務で使った分と私的利用分を分けられる。ビジネスチャットはグループでのチャットのほかにスタンプや写真、動画などに対応する。

 グループウェアやクラウドストレージ、顧客管理システム(CRM)などで他社製品も利用できる。グループウェアではOffice 365/ExchangeやサイボウズOffice/Garoon、G Suite、Lotus Notes。クラウドストレージはDropboxやBox、Google Drive、OneDrive for Businessなど。CRMはSalesforceやkintone、Sansanなど。標準で搭載されるストレージやCRMから外部の各サービスに接続できる。

 認証はデバイスIDの多要素認証やActive Directory、SAML、デバイスに搭載される生体認証などに対応し、主要なワンタイムパスワードにも対応している。

 開発フレームワーク「moconavi-Apps」を使って連携用の「adapterサーバソフト」を開発することで、独自開発アプリを利用できるようになる。開発には、動的に画面を生成するためのXMLベースのプロトコルを使用する。

 クラウド型とオンプレミス型を選択できる。クラウド型では、組織内に接続用ソフトウェアをインストールすれば利用できる。オンプレミス型では同社がソフトウェア一式を提供する。

moconaviのまとめ
用途と機能端末にデータを残さないMAMツール
特徴BYODとCOPEのどちらにも対応。パブリックのクラウドストレージやCRMと連携。Active Directoryやワンタイムパスワード、生体認証などさまざまな認証に対応
導入企業りそなグループ、オリックス・レンテック、JAFCO、KDDI、NTTコミュニケーションズ、アシスト、ユニシス、ほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]