プライベートクラウド PaaS IaaS

ハイブリッドクラウド座談会(3):SDNやDockerは何を変えるのか

ハイブリッドクラウドをユーザーはどう解釈し、システムをつくるべきなのか――ZDNet Japanの呼びかけに、ハイブリッドクラウドに関わる5社のベンダーの方々を集まった座談会記事の3回目。

 ハイブリッドクラウドをユーザーはどう解釈し、システムをつくるべきなのか――TechRepublic Japanの呼びかけに、ハイブリッドクラウドに関わる5社のベンダーの方々が集まった座談会記事の3回目。(1回目2回目

 メンバーは日本IBMクラウドマイスターの紫関昭光氏、ヴイエムウェアでハイブリッドクラウドの指揮を執る巨勢泰宏氏、NTTコミュニケーションズのクラウドエバンジェリスト 林雅之氏、日本オラクルでクラウド技術に関する製品戦略を統括する佐藤裕之氏、日本マイクロソフトでモビリティとクラウド技術部の部長を務める各務茂雄氏(当時)の5人。

Dockerはなぜ注目されるか

TechRepublicパブリッククラウドに関連して、注目している技術はありますか。

紫関氏 これまでのクラウドは仮想化、特にコンピューティングの部分がキーでした。しかし、日本IBMもそうなのですが、(OSなどソフトウェアがない)ベアメタルサーバやOpenStackに行くようなクラウドなどを前面に出すことが珍しくなくなってきました。それと平行するような形で、コンテナ技術としてDockerが非常に注目されています。


IBM クラウド事業統括 理事 IBMクラウドマイスター 紫関昭光氏
クラウドコンピューティング全般、特にオープンクラウドテクノロジが得意分野

 これからのITは、複数のシステムやプログラムが同時に並列に協調して稼働する“コンカレントなプロセス”が非常に重要になってきます。半導体は今以上速くならないわけですから、複数のものを並列処理させていくしかないわけです。Dockerは、並列で動いているものを独立して動かしやすくするテクノロジなので、非常に手頃なのです。

残り本文:約4730文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan