サーバセキュリティ トレンドマイクロ

Trend Micro Deep Security:仮想化にも対応した総合サーバ向けセキュリティ

サーバ向けセキュリティ対策ソフトウェアの「Trend Micro Deep Security」は、物理サーバだけでなく、仮想化環境、クラウド環境にも対応していることが特徴だ。

 トレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security」は、サーバ向けのセキュリティ対策ソフトウェア。オンプレミスの物理サーバだけでなく、仮想化環境にも対応していることが大きな特徴である。

 Deep Securityは、物理サーバのOSにインストールするエージェント型の保護モジュールと、仮想化ソフト「VMWare vSphere」のハイパーバイザ「VMware ESX」にインストールする仮想アプライアンス型の保護モジュールを提供。仮想アプライアンス型の保護モジュールは、ハイパーバイザレベルで通信やファイルの入出力を監視することによって、エージェント型とほぼ同等の機能を提供する。これらの保護モジュールを管理サーバであるDeep Securityマネージャが一元管理する。

 Deep Securityが提供するセキュリティ機能は、ウイルス対策(ウェブレピュテーション機能付き)、ウェブアプリケーション保護、侵入検知と防止(ホスト型IDS/IPS)、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視の6種類。ネットワーク層のセキュリティ対策から、オペレーティングシステム、アプリケーション層までのセキュリティ機能を提供することで、サーバの多層防御を実現する。

 保護エージェントは、Windows Server、Linux、Solarisなどの主要なサーバOSに対応。Linuxは、Red Hat、SUSE、CentOS、Ubuntu、Amazonの5種類のディストリビューションに対応する。これらのOSが稼働していれば、クラウド環境での利用も可能だ。

 バージョン8.0から搭載されたDeep Security Relayコンポーネントは、トレンドマイクロのセキュリティセンターから送信されるセキュリティルール(ウイルス定義ファイルや脆弱性ルール)を、各保護モジュールに対して配信する機能を備える。

Trend Micro Deep Security
Trend Micro Deep Securityの概要(トレンドマイクロ提供)
Trend Micro Deep Securityの概要
用途と機能仮想化環境も含めたサーバ向け統合セキュリティ対策ツール
特徴VMWareのハイパーバイザにインストールする保護モジュールを提供することで、サーバ環境を一元管理する
税別価格Deep Security Anti Virus for VDI:7310円(5~24クライアント)から
Deep Security Advance for VDI:9500円(同)から
導入企業旭硝子、アステラス製薬、エイチ・アイ・エス

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan