サーバセキュリティ トレンドマイクロ

Trend Micro Deep Security:仮想環境でも保護する総合サーバセキュリティ

総合サーバセキュリティソフトウェア「Trend Micro Deep Security」は、物理サーバに加えて、仮想サーバやパブリッククラウドで稼働するサーバも保護する。

Trend Micro Deep Securityのポイント

  • ウイルス対策やIDS/IPS、レピュテーション、FWなどを搭載
  • 脆弱性には仮想パッチを適用、サンドボックスと連携して標的型攻撃に対応
  • 各OSのインストールするエージェント型と仮想アプライアンス型を用意

Trend Micro Deep Securityの製品解説

 トレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security」は、パフォーマンスを損なわずに物理や仮想、パブリッククラウドのサーバを保護する総合サーバセキュリティ。複数のセキュリティ機能を備えており、各環境にまたがってワークロードをシンプルに保護。導入に伴いネットワークの構成変更はなく、必要なサーバに必要な数だけ導入することができる。

編集部おすすめの関連記事

 ウイルス対策やホスト型の不正侵入検知や不正侵入防止(IDS/IPS)、ウェブレピュテーション、ファイアウォール、ファイルやレジストリの変更管理、セキュリティログ監視といった機能を搭載する。ネットワーク層のセキュリティ対策からOS、アプリケーション層までのセキュリティ機能でサーバを多層的に防御する。

 サーバやサーバで稼働する仮想化クライアント、アプリケーションの脆弱性に対して仮想パッチを適用する。サンドボックスと連携して標的型攻撃にも対応する。

 Windows ServerやLinux、Solarisといった主要なサーバOSに対応。Amazon Web ServicesやMicrsoft Azureといったパブリッククラウドで稼働する、これらのサーバOSにも適用できる。

 エージェント型と仮想アプライアンス型がある。エージェント型は各OSにインストール。仮想アプライアンス型は、サーバ仮想化基盤ソフトウェア「VMware vSphere」のハイパーバイザ「VMware ESX」にインストールする。仮想アプライアンス型はエージェントレスになる。

 仮想アプライアンス型は、ハイパーバイザレベルでウイルスを検索する。検索処理は仮想アプライアンスで処理して、仮想マシン側でのリソース消費を低減させる。こうした仕組みで仮想マシンによるハードウェアへの負荷を抑えることができる。

 ネットワーク仮想化基盤ソフトウェア「VMware NSX」とも連携する。ウイルスを検知した仮想マシンを自動で隔離して検索、駆除し、復旧させるまでの処理を自動化できる。

Trend Micro Deep Securityのまとめ
用途と機能仮想化環境も含めたサーバ向け統合セキュリティソフト
特徴ウイルス対策やホスト型のIDS/IPS、ウェブレピュテーション、ファイアウォール、ファイルやレジストリの変更管理、セキュリティログ監視といった機能を搭載。脆弱性に対して仮想パッチを適用する。サンドボックスと連携して標的型攻撃にも対応
導入企業福井県済生会病院、サンドラッグ、JBSなど
Deep Securityラインアップ価格表(出典:トレンドマイクロ)
課金単位ライセンス名称新規更新
サーバ課金Deep Security Agent Enterprise21万3000円10万6500円
Deep Security Agent Virtual Patch12万5000円6万2500円
Deep Security Agent System Security10万7000円5万3500円
Deep Security Agent ウイルス対策9万8000円4万9000円
CPU課金Deep Security Virtual Appliance Enterprise40万円20万円
Deep Security Virtual Appliance Virtula Patch24万円12万円
Deep Security Virtual Appliance System Security21万円10万5000円
Deep Security Virtual Appliance ウイルス対策16万円8万円
スイートDeep Security Enterprise Suite63万円31万5000円
サーバ課金Deep Security for SAP System220万円110万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]