タブレット IDC Japan

タブレット:本格導入への移行の兆候、Windowsは基幹系との連動を想定

タブレットの用途はメールやスケジュール管理などのコミュニケーションでの利用が中心となり、文書などの参照系は、コミュニケーションの約半分の台数で推移すると考えられる。IDC Japanが分析している。

 IDC Japanは9月29日、同社が調査、分析した国内ビジネスタブレット市場業務アプリケーションの利用状況について、産業分野別利用用途別稼働台数を発表した。それによると、学校と教育産業を除く全産業分野のタブレット稼働台数は2015年では527万台、2017年では779万台になると推計されるという。

 同社によると、タブレットの用途はメールやスケジュール管理などのコミュニケーションでの利用が中心となり、2015~2017年での稼働台数は2015年の約400万台から約100万台増加すると推計されている。プレゼンテーションや文書などの利用での参照系は、コミュニケーションの約半分の台数で推移すると考えられる。

 社外業務端末としてのタブレット、データベース処理などの基幹系のタブレットは、2015年では169万台と推計され、2017年では2015年の約1.5倍の台数が利用されると考えられている。

残り本文:約771文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]