タブレット IDC Japan

タブレット:本格導入への移行の兆候、Windowsは基幹系との連動を想定

タブレットの用途はメールやスケジュール管理などのコミュニケーションでの利用が中心となり、文書などの参照系は、コミュニケーションの約半分の台数で推移すると考えられる。IDC Japanが分析している。

 IDC Japanは9月29日、同社が調査、分析した国内ビジネスタブレット市場業務アプリケーションの利用状況について、産業分野別利用用途別稼働台数を発表した。それによると、学校と教育産業を除く全産業分野のタブレット稼働台数は2015年では527万台、2017年では779万台になると推計されるという。

 同社によると、タブレットの用途はメールやスケジュール管理などのコミュニケーションでの利用が中心となり、2015~2017年での稼働台数は2015年の約400万台から約100万台増加すると推計されている。プレゼンテーションや文書などの利用での参照系は、コミュニケーションの約半分の台数で推移すると考えられる。

 社外業務端末としてのタブレット、データベース処理などの基幹系のタブレットは、2015年では169万台と推計され、2017年では2015年の約1.5倍の台数が利用されると考えられている。

残り本文:約771文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan