EAI/ESB

変わるデータ連携--クラウド時代のデータ連携とは

クラウドが当たり前となった現在では、データ連携ツールに対する要望も変わってきている。クラウドファースト時代では、“作って捨てる”データ連携ツールが大前提になりつつあります。

データ連携とは

 「データ連携」という言葉を聞いて、みなさんはどういうものをイメージしますか。システム連携でしょうか、マスターデータ連携でしょうか。もしくはビッグデータに関わる連携でしょうか。

 「データ」を「連携」する場面というのは、複数のシステムが関わってくれば必ず存在します。会員名簿から売上伝票に顧客の情報を手で書き写すのも、ある意味ではデータ連携といえるでしょう。こんなことを書くと笑う人もいるかもしれませんが、現在の高度にシステム化された企業の中であっても、これと同じようなことが行われているのは実は珍しくありません。

 担当者があるシステムの画面を見ながら、別のシステムの入力画面にコピー&ペーストしている、もしくは、あるシステムからCSVファイルをエクスポートして別のシステムにインポートしている、という場面は想像に難くないでしょう。本来であれば、システム同士なので自動的にデータがコピーされているであろうと思うもの。しかし、実は現場の担当者による、このようなデータコピーに頼っている業務プロセスは、よく見られる光景ではないでしょうか。

残り本文:約3555文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan