SDN/ネットワーク仮想化

OpenFlow:SDNを実現するクラウド時代のネットワーク標準規格

ネットワーク技術である「OpenFlow」は、ネットワークの構成や機器をソフトウェアで制御することで、SDN(Software Defined Network)を実現する。

 「OpenFlow」は、SDN(Software Defined Network)を実現するための標準規格。SDNとは、ネットワークの構成や機器をソフトウェアで制御する技術。これによって、ネットワークを仮想化することが可能になる。

 従来のネットワークは、物理的なネットワーク機器がそれぞれの階層で経路を決定していた。OpenFlowは、「OpenFlowコントローラ」と呼ばれるソフトウェアで集中制御する仕組みとなっており、ここでネットワークのトポロジや経路を仮想的に定めている。その情報に基づいて、スイッチ機能である「OpenFlowスイッチ」がデータを転送する。OpenFlowスイッチは通常、物理的なネットワーク機器(ハードウェア)として実装される。

 これまでは、サーバの追加などでネットワーク構成を変更する際には、ネットワーク機器やサーバの設定変更に大きな負荷が掛かっていた。これに対して、OpenFlowを利用すると、OpenFlowコントローラで集中的に設定を変更できるため、ネットワーク構成の変更に伴う負荷を大きく軽減できる。大規模なネットワークと膨大な数のサーバを稼動させているデータセンター事業者やクラウドサービス事業者での採用が進みつつある。

 2009年12月に最初のバージョンが公開され、2011年3月には、Google、Microsoft、Yahoo、Verizon、Facebookといった米国企業やDeutsche Telekomなどが中心となって標準化と普及を推進する「Open Networking Foundation」を結成した。

OpenFlow
SDNのアーキテクチャとOpenFlowの位置づけ
OpenFlowの概要
用途と機能 SDNを実現するための標準規格
特徴ネットワークを仮想化することによって、ネットワーク構成の変更を容易にする

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「SDN/ネットワーク仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]