プライベートクラウド

OpenStack:IaaS環境構築の大本命--オープンソースのクラウド構築基盤

オープンソースのIaaS構築基盤である「OpenStack」は、仮想サーバやネットワーク、ストレージなどのリソースを管理するモジュールで構成されている。

 「OpenStack」は、IaaS(Infrastructure as a Service)環境を構築するための機能を統合的に提供するオープンソースソフトウェア(OSS)である。仮想サーバやネットワーク、ストレージ管理などの機能を提供するモジュールで構成されている。

 SUSE、VMware、Oracle、Canonical、Hewlett-Packard Enterprise、Mirantis、Rackspace、Red Hatなどが、OpenStackのディストリビューションを提供している。

 OpenStackが稼働するホストOSはLinuxであるが、それぞれのベンダーが提供するディストリビューションによって、対応するLinuxのディストリビューションが異なる。仮想化環境も、Linuxが標準搭載するKVMやベンダー自社で提供するハイパーバイザ環境、コンテナ環境であるDockerなどディストリビューションによってさまざまだ。仮想化の環境によって、OpenStack上で稼働する仮想マシンのゲストOSも異なるが、LinuxとWindowsに対応しているケースが多い。

 OpenStackの機能は、REST(Representational State Transfer) APIを通して利用する。APIにリクエストを発行する各種ライブラリが用意されており、これを利用すれば、開発次第でさまざまな環境操作を自動化できるようになる。この点が評価され、現在、ウェブでサービスを提供する企業での採用が増えつつある。

OpenStack
OpenStackのダッシュボード
OpenStackの概要
用途と機能IaaSを構築する機能を統合的に提供
特徴OpenStackのAPIに対するライブラリが公開されており、これを利用してアプリケーション環境を構築できる
税別価格無償(オープンソース)
導入企業ヤフー、楽天、グリー、GMOインターネット

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan