プライベートクラウド

OpenStack:プライベートクラウドを作れるIaaS環境構築管理ソフト

IaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」はプライベートクラウド環境を構築できるオープンソースソフトウェア。APIにリクエストを発行する各種ライブラリでさまざまな環境操作を自動化できる。

OpenStackのポイント

  • コンピュートやブロックストレージなどの6つのコンポーネントで構成
  • APIにリクエストを発行する各種ライブラリでさまざまな環境操作を自動化
  • ハイパーバイザー環境やコンテナ環境などディストリビューションで異なる

OpenStackの製品解説

 「OpenStack」は、IaaS(Infrastructure as a Service)環境を構築、管理するためのオープンソースソフトウェア(OSS)。プール化されたCPUやストレージなどの仮想化リソースを利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 コンピュートの「Nova」、ネットワークの「Neutron」、ブロックストレージの「Cinder」、オブジェクトストレージの「Swift」、ディスクイメージ管理の「Glance」、ID管理の「Keystone」という6つのコンポーネントで構成される。

 機能は、REST(Representational State Transfer) APIを通して利用する。APIにリクエストを発行する各種ライブラリが用意されており、これを利用すれば、開発次第でさまざまな環境操作を自動化できるようになる。この点が評価され、現在、ウェブでサービスを提供する企業での採用が増えつつある。

 SUSE、VMware、Oracle、Canonical、Hewlett-Packard Enterprise、Mirantis、Rackspace、Red Hatなどが、OpenStackのディストリビューションを提供している。

 OpenStackが稼働するホストOSはLinuxであるが、それぞれのベンダーが提供するディストリビューションによって、対応するLinuxのディストリビューションが異なる。

 仮想化環境も、Linuxが標準搭載する「KVM」やベンダー自社で提供するハイパーバイザー環境、コンテナ環境である「Docker」などディストリビューションによってさまざまだ。仮想化の環境によって、OpenStack上で稼働する仮想マシンのゲストOSも異なるが、LinuxとWindowsに対応しているケースが多い。

OpenStackのまとめ
用途と機能IaaS環境構築管理ソフトウェア
特徴コンピュートやブロックストレージなどの6つのコンポーネントで構成。APIにリクエストを発行する各種ライブラリでさまざまな環境操作を自動化。ハイパーバイザー環境やコンテナ環境などディストリビューションで異なる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]