フラッシュストレージ サーバ仮想化 ネットワールド

ストレージ高速化で業務システムを全面仮想化--フラッシュをキャッシュに活用

 大和ハウスグループの総合建設会社である大和小田急建設は、ストレージ高速化プラットフォームを導入し、会計や工事原価管理、人事給与などの業務システムを全面的に仮想化した。ネットワールドが9月29日に発表した。

 大和小田急建設は大和ハウスグループの一員として、公共施設や商業施設、住宅などの建設事業に加えて、土木事業や不動産開発事業などの事業を展開している。同社はIT活用にも積極的で、メールシステムや営業支援システムのクラウドサービス活用に加えて、2010年にはActive Directoryサーバやイントラネット用ウェブサーバなどの業務サーバ群をVMware vSphereで仮想化し、インフラ環境の最適化やITコスト削減に役立ててきた。

残り本文:約1486文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan