クラウドストレージ アマゾン ジャパン グーグル 日本マイクロソフト Google Microsoft Amazon

クラウドストレージ:アマゾン、グーグル、マイクロソフトをどう比較するか?

先日AWSはストレージサービスの選択肢を増やした。これを受け、主要クラウド事業者の競合サービスのコストを調べてみた。

 クラウドへのデータ保存は、ここ数年でコストが下がり、柔軟性が増してきた。主なクラウドサービスのプロバイダは多種多様なデータ保存オプションを用意していて、料金はデータのアクセス頻度、保存量、可用性、バックアップ方法に応じて決まる。

 世界最大のクラウドインフラサービスを手がけているAmazon Web Services(AWS)は、つい先ごろ同社サービスのストレージオプションを拡充し、低アクセス頻度データ向けの新しいストレージクラスを発表した。


コールドストレージラックで使われているハードディスクを載せたトレー 画像:Facebook

 「AWS Simple Storage Service(S3)」に追加された新ストレージクラスは、「標準–低頻度アクセス(Standard–Infrequent Access:IA)」ストレージという名称だ。サービスの位置付けは、オンデマンドアクセスが必要な頻繁にアクセスされるデータ向けのAWS標準ストレージと、ほとんどアクセスされず、コールドストレージとも呼ばれるデータ向けの「Amazon Glacier」サービスの間になる。

 このAWSの新ストレージクラスは、ほかのクラウドプロバイダのサービスではどれに相当するのだろうか。

 以下が、AWSの標準的で可用性がやや低い(アクセス頻度が高くない)データ用の新サービスと、主要クラウドサービスプロバイダのコールドストレージ用オプションを比較したものだ。


 各プロバイダのクラウドプラットフォームで提供されるストレージサービスはそれぞれ異なるが、もっとも近いオプションを選んで比べた。上記グラフでは、Microsoftのサービス料金を比較する際、他プラットフォームの標準サービスとよく似た「Azure Zone Redundant Storage(ZRS)」を使っている。低可用性データ向けやコールドストレージ向けサービスの比較に使えるオプションは、Azureには用意されていない。ほとんどのオプションは、保存データ量が増えると1GB当たりの料金が下がる。

 ストレージ料金だけでサービス全体を説明することにはならない。どのサービスも、データのアクセス量と外部への移動量に応じた課金を行う。例えば、AWSの可用性がやや低い新ストレージクラスの1GB当たりのストレージ料金は標準ストレージに比べ安いが、データを取り出すコストは高い。

 AWSのGlacierとGoogleのコールドストレージオプション「Nearline」は、ほとんどアクセスされないデータを対象とするサービスなので、ある期間中にあらかじめ規定された量より多いデータを外部へ移動したり削除したりすると、追加料金が発生する。料金の詳細については、こちら(GlacierNearline)を参照されたい。

 各サービスのパフォーマンスも異なる。AWS Glacierでストレージ利用を設定すると、データを取得するのに最大で5時間かかる。これに対しGoogleは、Nearlineなら数秒で使えるとしている。

 データ可用性は各サービスのクラスによって違い、AWSの標準ストレージが99.99%で、Google Standard StorageとMicrosoftのAzure ZRSがいずれも99.9%。Googleの「Durable Reduced Availability Storage」「Nearline Storage」とAWSの標準–IAストレージは、可用性が99%に下がる。

 AWSの標準ストレージとAzure、Googleのサービスは、同一リージョン内なら複数のデータセンターをまたいで、複数のデバイスにデータをコピーできる。

 調査会社のGartnerは2015年6月、パブリッククラウドストレージを手がける主要クラウドストレージプロバイダとして、AWS、Google、Microsoftの名前を挙げた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]