クラウドストレージ アマゾン ジャパン グーグル 日本マイクロソフト Google Microsoft Amazon

クラウドストレージ:アマゾン、グーグル、マイクロソフトをどう比較するか?

先日AWSはストレージサービスの選択肢を増やした。これを受け、主要クラウド事業者の競合サービスのコストを調べてみた。

 クラウドへのデータ保存は、ここ数年でコストが下がり、柔軟性が増してきた。主なクラウドサービスのプロバイダは多種多様なデータ保存オプションを用意していて、料金はデータのアクセス頻度、保存量、可用性、バックアップ方法に応じて決まる。

 世界最大のクラウドインフラサービスを手がけているAmazon Web Services(AWS)は、つい先ごろ同社サービスのストレージオプションを拡充し、低アクセス頻度データ向けの新しいストレージクラスを発表した。


コールドストレージラックで使われているハードディスクを載せたトレー 画像:Facebook

 「AWS Simple Storage Service(S3)」に追加された新ストレージクラスは、「標準–低頻度アクセス(Standard–Infrequent Access:IA)」ストレージという名称だ。サービスの位置付けは、オンデマンドアクセスが必要な頻繁にアクセスされるデータ向けのAWS標準ストレージと、ほとんどアクセスされず、コールドストレージとも呼ばれるデータ向けの「Amazon Glacier」サービスの間になる。

 このAWSの新ストレージクラスは、ほかのクラウドプロバイダのサービスではどれに相当するのだろうか。

 以下が、AWSの標準的で可用性がやや低い(アクセス頻度が高くない)データ用の新サービスと、主要クラウドサービスプロバイダのコールドストレージ用オプションを比較したものだ。


 各プロバイダのクラウドプラットフォームで提供されるストレージサービスはそれぞれ異なるが、もっとも近いオプションを選んで比べた。上記グラフでは、Microsoftのサービス料金を比較する際、他プラットフォームの標準サービスとよく似た「Azure Zone Redundant Storage(ZRS)」を使っている。低可用性データ向けやコールドストレージ向けサービスの比較に使えるオプションは、Azureには用意されていない。ほとんどのオプションは、保存データ量が増えると1GB当たりの料金が下がる。

 ストレージ料金だけでサービス全体を説明することにはならない。どのサービスも、データのアクセス量と外部への移動量に応じた課金を行う。例えば、AWSの可用性がやや低い新ストレージクラスの1GB当たりのストレージ料金は標準ストレージに比べ安いが、データを取り出すコストは高い。

 AWSのGlacierとGoogleのコールドストレージオプション「Nearline」は、ほとんどアクセスされないデータを対象とするサービスなので、ある期間中にあらかじめ規定された量より多いデータを外部へ移動したり削除したりすると、追加料金が発生する。料金の詳細については、こちら(GlacierNearline)を参照されたい。

 各サービスのパフォーマンスも異なる。AWS Glacierでストレージ利用を設定すると、データを取得するのに最大で5時間かかる。これに対しGoogleは、Nearlineなら数秒で使えるとしている。

 データ可用性は各サービスのクラスによって違い、AWSの標準ストレージが99.99%で、Google Standard StorageとMicrosoftのAzure ZRSがいずれも99.9%。Googleの「Durable Reduced Availability Storage」「Nearline Storage」とAWSの標準–IAストレージは、可用性が99%に下がる。

 AWSの標準ストレージとAzure、Googleのサービスは、同一リージョン内なら複数のデータセンターをまたいで、複数のデバイスにデータをコピーできる。

 調査会社のGartnerは2015年6月、パブリッククラウドストレージを手がける主要クラウドストレージプロバイダとして、AWS、Google、Microsoftの名前を挙げた

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]