アクセス管理 インサイトテクノロジー

PISO:不正な操作を検出するデータベース監視ツール--メモリからログを取得

データベースへの不正な操作を監視するツール「PISO」は、メモリ空間から直接ログを取得することで、対象サーバのパフォーマンス劣化を抑えられる。

 インサイトテクノロジーの「PISO」は、データベースに対するアクセスを記録して不正な操作を検出、警告するデータベース監視ツールだ。

 PISOの特徴は、監査ログを取得する際に独自技術である「Direct Memory Access(DMA)」を用いること。DMAはデータベースが使用するメモリ空間から直接ログを取得することで、ログ取得対象サーバのパフォーマンス劣化を抑えながらアクセス状況を監視する。

 監視ポリシーを事前に設定しておけば、ポリシーに違反した事象が起こった場合にリアルタイムでセキュリティ管理者に通知する。長時間実行や大量検索などのSQLを例外と判断したり、指定時間外ログオンを知らせたりといったことが可能だ。

 もともとは「Oracle Database」向けに作られた製品だったが、2013年にリリースされたversion5から「Microsoft SQL Server」にも対応した。異なるデータベースでも1台のログ管理サーバで一元管理できる。

PISO
PISOの仕組み(インサイトテクノロジー提供)
PISOの概要
用途と機能データベース監査システム
特徴メモリ空間から直接ログを取得し、データベースのパフォーマンスに影響を与えない
税別参考価格290万円
導入企業ピーチ・ジョン、リクルートホールディングス
現行版の提供開始日2013年7月

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan