アクセス管理 アイピーロックスジャパン

IPLocks:社内外の不正アクセスを防ぐデータベース監査システム

データベースへのアクセス状況を監視、監査する「IPLocks」は、システムの更新やデータベースへの不正アクセスなどを監視する。監査証跡レポートを作成することも可能だ。

 アイピーロックスジャパンの「IPLocks」は、社内外のデータベースへのアクセス状況を監視、監査することで、システムの更新やデータベースへの不正アクセスなどを監視するデータベース監査システムだ。ログをすべて記録するので、データベースの監査業務にも役立つ。

 IPLocksは、データベースの脆弱性評価、アクセスの自動監視、監査を行い、データの破壊、改ざん、漏えいなどの被害を防ぐ機能がある。不正アクセスの証拠となるログデータを蓄積するため、事故発生時にログを分析することで原因や被害状況を把握できる。

 動作環境は「Red Hat Enterprise Linux」「Windows Server」に対応。監視可能なデータベースは「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「DB2」「Teradata」「PostgreSQL」となっている。

 オプションの「DB-SOX監査機能」を用いて監査証跡レポートを作成することもできる。

IPLocks
IPLocksの管理画面(アイピーロックスジャパン提供)
IPLocksの概要
用途と機能データベース監査システム
特徴社内外からのデータベースへのアクセス状況を監視、監査する
動作OSRed Hat Enterprise Linux 5~6、Windows Server 2008~2012R2
監視対象DBOracle 8i~12c、SQL Server 2000~2014、DB2 UDB v7.2~v10.5、Teradata 13、PostgreSQL 8.4~9.3
税別価格ソフトウェアライセンス150万円、年間保守料別
導入企業ニコンカメラ販売、ソフトバンクBB、プロミス、SONOKO、ディップ、十六銀行、ANAコミュニケーションズなど
現行バージョンVer6.9
提供開始日2014年11月

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan