アクセス管理 アイピーロックスジャパン

IPLocks:脆弱性や監査もカバーするデータベース監視--複数の異種DBに対応

データベース監視ソフトウェア「IPLocks」は、脆弱性評価や監視、監査の機能をカバー。複数の異種データベースを監視できるほか、短期間導入や操作の容易さも特徴。

IPLocksのポイント

  • 脆弱性評価や監視、監査をカバー
  • DBMSに標準装備されている機能で全てのログを取得
  • 複数の異種データベースを監視

IPLocksの製品解説

 アイピーロックスジャパンの「IPLocks」は、リスク管理に不可欠な脆弱性評価や監視、監査をカバーしたデータベース監視システム。

編集部おすすめの関連記事

 リレーショナルデータベース(RDB)に標準装備されている機能を使用しているため、取り漏れのないログ取得が可能。Oracle DatabaseやSQL Server、DB2、PostgreSQLなどの主要なデータベースに対応しており、複数の異種データベースを監視できる。

 また、必ずしも既存システムの変更やエージェントの組み込みが必要ないことから短期間で導入ができるほか、データベースの技術的な知識を必要とせず、簡単に操作が可能なのも特徴といえる。

 監視対象データベースを外部の専用サーバから監視するため、データベース管理者とは別にIPLocksサーバの管理者が監視することで、独立した監査を実現。さらに、IPLocksの導入でデータベースへのアクセスが監視下にあることを社内に周知徹底させれば、不必要なアクセスや重要情報の閲覧などを減らすことも可能だ。

IPLocksのまとめ
用途と機能データベース監視システム
特徴自動監視で全てのログを取得。複数の異種データベースを監視可能。既存システムの変更やエージェントの組み込みが必要ない
税別価格150万円
導入企業ニコンカメラ販売、ソフトバンクBB、プロミス、SONOKO、ディップ、十六銀行、ANAコミュニケーションズなど

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]