アクセス管理 アイピーロックスジャパン

IPLocks:脆弱性や監査もカバーするデータベース監視--複数の異種DBに対応

データベース監視ソフトウェア「IPLocks」は、脆弱性評価や監視、監査の機能をカバー。複数の異種データベースを監視できるほか、短期間導入や操作の容易さも特徴。

IPLocksのポイント

  • 脆弱性評価や監視、監査をカバー
  • DBMSに標準装備されている機能で全てのログを取得
  • 複数の異種データベースを監視

IPLocksの製品解説

 アイピーロックスジャパンの「IPLocks」は、リスク管理に不可欠な脆弱性評価や監視、監査をカバーしたデータベース監視システム。

編集部おすすめの関連記事

 リレーショナルデータベース(RDB)に標準装備されている機能を使用しているため、取り漏れのないログ取得が可能。Oracle DatabaseやSQL Server、DB2、PostgreSQLなどの主要なデータベースに対応しており、複数の異種データベースを監視できる。

 また、必ずしも既存システムの変更やエージェントの組み込みが必要ないことから短期間で導入ができるほか、データベースの技術的な知識を必要とせず、簡単に操作が可能なのも特徴といえる。

 監視対象データベースを外部の専用サーバから監視するため、データベース管理者とは別にIPLocksサーバの管理者が監視することで、独立した監査を実現。さらに、IPLocksの導入でデータベースへのアクセスが監視下にあることを社内に周知徹底させれば、不必要なアクセスや重要情報の閲覧などを減らすことも可能だ。

IPLocksのまとめ
用途と機能データベース監視システム
特徴自動監視で全てのログを取得。複数の異種データベースを監視可能。既存システムの変更やエージェントの組み込みが必要ない
税別価格150万円
導入企業ニコンカメラ販売、ソフトバンクBB、プロミス、SONOKO、ディップ、十六銀行、ANAコミュニケーションズなど

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]