アクセス管理 日本ヒューレット・パッカード

HP ArcSight User Behavior Analytics:悪意のある内部ユーザーを検出するソフトウェア

「HP ArcSight User Behavior Analytics」は、悪意のある内部ユーザーの異常な行動を追跡・特定し、従来の対策では検知できない脅威を阻止するソフトウェアである。

 日本ヒューレット・パッカードの「HP ArcSight User Behavior Analytics(UBA)」は、悪意のある内部ユーザーの追跡と特定を目的として、ユーザーの行動を可視化するソフトウェアである。ユーザーによって生成された行動データと、ネットワークイベントインテリジェンス機能を活用して、さまざまな脅威を検知する仕組みだ。

 HP ArcSight UBAは、セキュリティ分析会社である米Securonixとの協力によって提供するソフトウェア。全ての内部ユーザーの行動データを収集し、それらの中から疑わしい行動にリスクランクを付けて提示する。悪意のあるユーザーが正当な認証情報を活用しても、疑わしい行動があれば検出できるとしている。そのため、インシデントやアクシデントが発生する前に悪意のある行動を検出し、重大な損失を防げるようになる。

HP ArcSight UBA
HP ArcSight User Behavior Analyticsの管理画面(日本ヒューレット・パッカード提供)
HP ArcSight User Behavior Analyticsの概要
用途と機能企業における内部ユーザーの行動を可視化するソフトウェア
特徴内部ユーザーの行動データの中から悪意のある疑わしい行動を検出・報告する
税別価格不明
導入企業不明

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. BIからBA、そしてコグニティブに至る上での落とし穴
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan