SIEM マイクロフォーカス

ArcSight User Behavior Analytics:内部ユーザーの行動を可視化してリスクを特定

ユーザーやエンティティの行動を可視化する「ArcSight User Behavior Analytics」は、悪意のある内部ユーザーを追跡、特定できる。イベントとログデータに加えて、専用のセキュリティ分析を通じて未知の脅威を検出できるという。

ArcSight User Behavior Analyticsのポイント

  • 行動データを収集して疑わしい行動にリスクランクを付けて提示
  • 通常の動作のベースラインを作成し、異常が発生した場合は迅速に特定
  • 資格情報が正当であってもリスクが高いユーザーやエンティティを明らかに

ArcSight User Behavior Analyticsの製品解説

 マイクロフォーカスの「ArcSight User Behavior Analytics」は悪意のある内部ユーザーの追跡と特定を目的として、ユーザーの行動を可視化するソフトウェア。内部ユーザーによって生成された行動データと、ネットワークイベントインテリジェンス機能を活用して、さまざまな脅威を検知する仕組みとなっている。

編集部おすすめの関連記事

 セキュリティアナリストがサイバー攻撃のリスクと影響をリアルタイムで最小化することが可能。イベントとログデータだけに注目するのではなく、専用のセキュリティ分析を通じて未知の脅威を検出する。

 ユーザーとエンティティの通常の動作のベースラインを作成し、異常が発生した場合は迅速に特定。行動とセキュリティ侵害の複数のインジケーターを集計することで、資格情報が正当であってもリスクが高いユーザーやエンティティを明らかにすることができる。

 主な機能としては、攻撃への可視性を高め、ユーザーやエンティティの疑わしい行動をリアルタイムで警告。直観的に表示することで、セキュリティリスクをリアルタイムに理解できるようになるという。

ArcSight User Behavior Analyticsのまとめ
用途と機能ユーザーやエンティティの行動を可視化
特徴行動データを収集して疑わしい行動にリスクランクを付けて提示。通常の動作のベースラインを作成し、異常が発生した場合は迅速に特定。資格情報が正当であってもリスクが高いユーザーやエンティティを明らかに

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]