アクセス管理 F5 ネットワークスジャパン

テプコシステムズ、パブリッククラウドでのオフショア開発で端末認証

テプコシステムズは、パブリッククラウドでのオフショア開発でアクセス端末に端末認証と検疫の仕組みを導入した。検疫機能に加え、ワンタイムパスワードやSSL VPNも活用することでセキュリティを向上させている。

 テプコシステムズは、パブリッククラウド上に構築した業務系システムで安全にオフショア開発を推進するため、開発環境に端末認証と検疫の仕組みを導入した。

 オフショア開発は、ソフトウェアの開発スピード向上やコスト削減といった効果をもたらす一方、ソースコードなどの開発リソースを海外に持ち出すことになり、情報流出の懸念が伴う。セキュリティ上の懸念を払拭するため、開発環境をクラウドに構築するアプローチがあるが、クラウドの開発環境にアクセスする端末側にセキュリティの問題が存在する場合の対策が課題として残る。

残り本文:約679文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan