PC IDC Japan

クライアント仮想化市場、各分野で上位ベンダーが高いシェアを確保

クライアント仮想化市場を構成する4分野では2014年段階でそれぞれの上位ベンダーが高いシェアを維持、順位は大きく変動していない。

 IDC Japanは、国内クライアント仮想化市場を構成するシンクライアント専用端末、クライアント仮想化ソフトウェア、クライアント仮想化ソリューション、クライアント仮想化サービスでの主要ベンダーの競合状況を分析。4分野ではそれぞれの上位ベンダーが高いシェアを確保しており、ベンダーシェアの順位は大きく変動していないという。9月17日に発表した。

 2014年の国内シンクライアント専用端末市場のベンダーシェアは、1位がHP、次いで日立製作所、デル、富士通、レノボが上位5社となった。HP、日立、デルの上位3社の実績が突出しており、4位以下のベンダーを引き離している。

残り本文:約965文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]