コンテナ コンテナ

MesosクラスタでDockerコンテナ5万個を起動--バックエンド強化をVerizonディレクターに訊く

実用フェーズに入ってきたIoTだが、Verizonのクラウド展示会を覗いたところ、インフラを真剣に検討する必要があると分かった。Verizonの技術ディレクターとこの件について話すことができた。

 「Mesos」ベースのクラスタ上で5万個のDockerコンテナを、それも100秒で起動する--これは、まさにVerizonが米ワシントン州シアトルで開催された「MesosCon」で行ったことだ。

 Verizonというと、携帯電話のCMで耳にする「Can you hear me now?」というフレーズを思い出す人もいるだろうが、インフラがクラウド化している状況において、携帯電話大手のVerizonは技術的な成果を多く上げるようになってきた。今のVerizonは世界最高速のモノのインターネット(Internet of Things:IoT)サービス用クラスタを持っていると言ってもよいかもしれない。

 シアトルのMesosConでVerizonは、「Mesosphere Datacenter Operating System(DCOS)」ベースの同社のクラスタを使い、5万個のDockerコンテナを100秒で起動させるデモンストレーションを実施した。このデモは、VerizonがIoT事業の急成長を予測していることと完全に結びついている。

残り本文:約2541文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan