ストレージ

テープは死なず--ディスクより長生きするという説も

テープはディスクより長生きするかもしれない。大容量と高度な機能がテープストレージを延命するからだ。

 テープストレージ業界のリーダーたちによると、お気に入りであるテープ技術は死なないどころか健康状態が改善したという。

 一時的に足踏みはしたが、近年はさまざまな技術進歩がみられ、テープ技術が現場で役立つ期間は何年も延びた。

 記憶容量は、単純に増えたというレベルではない。現在販売されているハイエンドドライブの容量はOracleやIBMから8.5TB、10TBのものが出ているが、先ごろIBMとソニーは200TBクラスの驚異的な容量の実現につながる技術開発を公表した。

 最近の技術進歩は、テープのスマート化が中心だ。そのなかで特に注目すべきは、IBMが7年前に試作デモしたLTFS(Linear Tape File System)である。今やLTFSは業界標準のLTO(Linear Tape-Open)フォーマットとベンダー独自のエンタープライズシステムに採用され、主流技術になってきた。LTFSによって、テープに記録されたデータはネットワーク上の別のドライブから読むように扱える。テープを“T:ドライブ”とでも呼べるだろうか。つまり、記録メディアとそれを使うアプリケーションとを切り離せる。

残り本文:約1935文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]