マーケティング 日本アイ・ビー・エム IBM

SNS全盛の今もメールマーケティングは効果的--開封率72%、CTR30%

IBMは、消費者向けマーケティング活動に利用される各種ICTツールのなかで、電子メールが今も有効なツールである、とする調査結果を発表した。

 IBMは、消費者向けマーケティング活動に利用される各種ICTツールのなかで、電子メールが今も有効なツールである、とする調査結果を発表した。

 消費者を対象とするマーケティングでは、電子メール以外にウェブサイトやSNSなどの手段が用いられる。IBMが調査したところ、各種ICTツールのマーケティング効果は電子メールが比較的高いそうだ。

 企業は消費者の購入やパスワード変更といった機会をとらえて電子メールを送信し、次の売り上げに繋げようと試みるが、こうしたキャンペーンメール(トランザクショナルメール)の開封率は72%もあり、平均クリックスルーレート(CTR)は30%。例えば、ある商品を購入した500人に関連アイテムの追加情報をメールで知らせると、360人がメールを開封し、そのうち110人弱がリンクをクリックする計算になる。

 マーケティングメール全体の開封率は、特に旅行業界が高く約50%に達し、CTRは15%強あった。

 地域別にみると、アジア太平洋地域の企業はメールマーケティングの効果が北米および欧州の企業より全体的に高く、上位25%の企業が50%弱の開封率を記録した。これは、アジア太平洋地域でデジタルマーケティングが爆発的に広まっている影響もあるという。

 調査では、メールマーケティング費用1ドル当たりの売上高が平均44.25ドルだとする、業界団体Direct Marketing Associationの報告にも言及している。

 なお、調査は40カ国において、旅行、小売り、IT、保険などさまざまな業種の3000ブランドを対象に実施した。

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]