ウェブ会議 シスコシステムズ

WebEx:画面や資料を共有して、どんな場所も仕事場にするウェブ会議サービス

ウェブ会議サービス「WebEx」は、モバイル端末からでも会議の主催、参加が可能なため、移動中も時間を有効活用できる。社内での会議と同じ感覚で会話できる。

WebExのポイント

  • 在宅勤務やリモートでのアプリケーションコントロールなどでも活用
  • お互いの顔を見て会話をしながら画面や資料を共有
  • リアルタイムで資料に注釈を付けて共同でアイデアを詰める

WebExの製品解説

 シスコシステムズの「WebEx」はウェブ会議サービス。ウェブ会議のほかに在宅勤務やリモートでのアプリケーションコントロールなどでも活用できる。モバイル端末からでも会議の主催、参加が可能なため、移動中も時間を有効活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 720pの高品質映像を採用しており、テレビ会議並みの映像で会議が進められる。お互いの顔を見て会話をしながら画面や資料を共有できることで社内での会議と同じ感覚で会話できる。

 アップロードなどの手間がなくミーティング中にワンタッチで共有ができ、資料を眺めるだけでなくリアルタイムでドキュメントに注釈を書き加えていくことも可能なため、共同でアイデアを詰めていくといったこともできる。

 「Cisco WebEx Cloud」ネットワークでセキュリティを確保している。業務を受託する際に必要となる内部統制報告書の米国基準である「SSAE-16」と情報セキュリティ管理システムの標準規格「ISO 27001」を取得している。

 ビデオ会議に使える「WebEx Meeting Center」のほか、オンラインで最大3000人規模のイベントを開催するための「WebEx Event Center」、オンラインで講義をするための「WebEx Training Center」、オンラインサポートのための「WebEx Remote Support」が用意されている。

 Meeting Centerでは、個人専用の会議室も確保できる。発行されるURLは常に同じ。URLを教えることで同僚を招待することもできる。専用の会議室はあらかじめ設定しておくことも可能。プライバシー保護のために、他のエンドユーザーの接続を禁止することも開放することもできる。

WebExのまとめ
用途と機能ウェブ会議サービス
特徴在宅勤務やリモートでのアプリケーションコントロールなどでも活用。お互いの顔を見て会話をしながら画面や資料を共有。リアルタイムで資料に注釈を付けて共同でアイデアを詰める

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]