ウェブ会議 Cisco Systems

WebEx:SaaS型のウェブ会議システム

「WebEx」はウェブ会議や在宅勤務、リモートでのアプリケーションコントロールなどに使えるSaaS型のサービスだ。

 Cisco Systemsの「WebEx」はウェブ会議や在宅勤務、リモートでのアプリケーションコントロールなどに使えるSaaS型のサービスだ。ビデオ会議に使える「WebEx Meeting Center」のほか、オンラインで最大3000人規模のイベントを開催するための「WebEx Event Center」、オンラインで講義をするための「WebEx Training Center」、オンラインサポートのための「WebEx Remote Support」などのシリーズがある。

 WebExは、デスクトップやラップトップのPCに加えてiPadやスマートフォンなどからも利用できる。世界中どこでも利用可能で、日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語など14カ国語に対応している。通信はSSL/AESで暗号化して行う。SaaS型のため、ソフトウェアのインストールや、自社内で専用のシステムを用意する必要がない。


WebExの画面

 WebEx Meeting Centerを使って会議する場合、ある参加者のコンピュータに表示された画面をそのまま他の参加者の画面に表示したり、アプリケーション単体を参加者全員と共有することができる。WebExのアカウントが必要なのは会議の主催者のみで、参加者は不要。参加者同士でドキュメントを共有しながら、ノート機能でメモをとる、注釈ツールで印や文字を書き込む、といったことが可能だ。

用途と機能SaaS型で、ウェブ会議や在宅勤務、リモートでのアプリケーションコントロールなどに使える。
特徴PCのほか、iPadやスマートフォンなどマルチデバイスで利用できる。日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語など14か国語に対応している。
価格(税別)WebEx Meeting Centerの場合、設定サービスなどを含む初期導入費用が5万円。月額が5主催者分で4万9000円(このプランでは一つの会議に参加できるのは25人まで)。
導入企業第一三共、バンダイナムコホールディングスなど
現行版の提供開始日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan