SDS/ストレージ仮想化 EMCジャパン 日本アイ・ビー・エム デル 富士通

ストレージベンダーが考える“ソフトウェア定義ストレージ”の存在価値(前編)

ソフトウェアでストレージを制御する“ソフトウェア定義ストレージ(SDS)”の動きが活発化しつつある。デルや富士通、日本IBM、EMCジャパンの4社に集まってもらい、座談会を通してSDSの存在意義を探ってみる。今回は前編。

荒木氏:ストレージが単独で存在し得ない、というのはさきほど小島さんがおっしゃた通りですが、インフラをどう使うか運用するか、例えば、ハイブリッドクラウド、さらにマルチクラウドの環境で運用するとなると、データ管理という観点では大きな課題があります。

 その課題をSDSだけですべて解決できるわけではないというのが難しいところです。実態としては、SDSでカバーできない部分を上位のレイヤで手当てするなどの対応が必要です。

ハイブリッドクラウドという最終解

――現在のITはパブリッククラウドを外して語ることが難しくなっています。ストレージの場合、データと言い換えてもいいと思いますが、どこまで外に出すのか、どこまで中に残すのかというのが議論の的になるかと思いますが、ユーザー企業はパブリッククラウドをどう見ているのでしょうか。

若松信康氏
EMCジャパン マーケティング本部 フィールドマーケティング部 プリンシパルマーケティングプログラムマネージャー 若松信康氏

若松氏:プライベートクラウドかパブリッククラウドかという問題は多くの企業で検討されてきましたが、ほとんどの企業が “ハイブリッドクラウド”を最終解と認識していると思います。

 コアな部分を内に残してノンコアな領域を外に出すわけですが、コアとノンコアの線引きはビジネス状況に応じて変化します。そのため、現時点で何を外に、どこに出すかを決めるのと同時に、将来にわたって柔軟に選択できる方法を確保する必要があります。

 パブリッククラウドは選択肢ありきであり、パブリックも含めたクラウド間で、その時点のベストバリューのリソースを選択、ストレージとして定義して利用するための手段としてSDSが活用されていくと考えています。

小島氏:パブリッククラウドとの連携としては、バックアップを外に出すという形から浸透していくと思います。そこから領域が広がっていったときにどうなるか。AWS(Amazon Web Services)やMicrsoft Azureなどのパブリッククラウドでは共有ストレージは使われていません。IAサーバベースで実現されている。接続する相手がそういうインフラで運用されているとなると、プライベートクラウド側も同じような構成にしておいた方が相性がいい、というのは容易に想像できることです。

波多野氏:SDSの役割は、ユーザー企業がパブリッククラウドでもオンプレミスでもデバイス層を意識せずに扱える、ハードウェアの縛りから開放するというところにあるわけですが、重要なのはソフトウェアで実現するからハードウェアはなんでもいい、とはならないことです。

 むしろ、パブリッククラウドと組み合わせたハイブリッドな環境では、オンプレミス側のストレージに信頼性なりスピードなり容量単価といった特長をきちんと持たせないと、データ価値に応じた意味のある使い分けができません。同時に、ハイブリッド環境の中でも、セキュアでガバナンスを保ちつつ、ニーズに応じてデータの自在な移動やアクセスを実現しなければなりません。

荒木純隆氏
富士通 プラットフォーム技術本部 プロダクトソリューション技術統括部シニアディレクター 荒木純隆氏

荒木氏:パブリッククラウドの導入についていうと、北米に比べると日本の企業はやはり慎重で、基幹系は内側に残して、情報系から外に出すというのが一般的です。

 徐々に基幹系も外に出す動きが出てきていますが、セキュリティやサービスレベルが気になる一方で、柔軟性や俊敏性の面ではクラウドに魅力を感じているというのが企業の現状ではないでしょうか。パブリッククラウドとプライベートクラウドの線引き最適化するうえでは、クラウドサービスブローカーも重要役割を持つようになると思います。

若松氏:企業の大きな悩みの一つにデータ量の増大があります。現時点では、ビッグデータ分析よりも、従来のレガシーなシステムのデータのバックアップやアーカイブ、ディザスタリカバリ(DR)によるデータ量のほうが重荷になっているケースが多いです。

 ワークロードの観点から、普段使わないバックアップやアーカイブデータは、外に出したいという要望もありますが、法規制などの問題で簡単に切り分けられない。適材適所の仕分けのためのコンサルティングのニーズも増えています。

小島氏:パブリッククラウドかオンプレミスかという議論の中で、3つ目の選択肢としてSDSが登場することもあります。例えば、国立大学病院で20年間の医療データ保存が義務付けられているが、中身が中身ですから外に出すのはリスクが高い。そこで外には出さないが、専用ストレージもうまく使い分けて、SDSでIAサーバベースのストレージを安価に活用しているケースです。

荒木氏:データの外に出せる、出せないは、企業としては大きな判断ですが、パブリッククラウドだからセキュリティが甘い、というわけではありません。例えば、AWSには豊富なセキュリティオプションがありますが、ユーザー企業がそれを使いこなせているかというと甚だ疑問です。

(後編は9月22日に掲載予定)

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]