マーケティングオートメーション 日本オラクル

Oracle Marketing Cloud:複数チャネルで顧客別にターゲット設定

マーケティングの意思決定や自動化のためのプラットフォーム機能をSaaS型で提供する「Oracle Marketing Cloud」は、顧客ごとにカスタマイズした施策をマルチチャネルを介して提供することで販売額の増大につなげる。

 日本オラクルの「Oracle Marketing Cloud」は、マーケティングの意思決定や自動化のためのプラットフォーム機能をSaaS型で提供する。個々の顧客ごとにカスタマイズした施策をマルチチャネルを介して提供することで販売額の増大につなげることが狙い。

 中核機能の1つ「Oracle B2B Cross-Channel Marketing Platform」はマーケティングを自動化する。リード(見込み客)管理、メールを使ったマーケティング、分析レポート、顧客情報管理システム(CRM)連携、リードスコアリング、行動追跡などの機能を提供する。

 同機能を使うと、例えば、獲得したリードをもとに実案件に結びつくまでのナーチャリングフローをホワイトキャンバスに直感的に設計できる。メールを閲覧した顧客がリンクをクリックしたかどうかをトラッキングしたり、閲覧しなかった顧客に対して数日後に再度メールを送ったりするなど、顧客の行動にあわせた施策フローを描くことができる。

 オンラインの行動履歴を自動収集して、ユーザーの知識レベルや購買プロセスのステージを分析する機能も備える。オンライン上のアクティビティの裏に潜む意味を分析できるとしている。業種や企業規模、部署や役職などの“プロファイル”と、メール開封や資料ダウンロード、イベント参加、価格ページの確認など“行動”履歴の2軸で顧客の購買プロセスのステージをA1~D4に分けた16象限のテーブルでスコアリングする。

 2015年4月には、顧客ごとにカスタマイズした顧客体験をリアルタイムに提供するための機能群を強化した。新機能の1つである「Oracle ID Graph」は、各種マーケティングチャネルやデバイスを個々の顧客に結び付ける機能。取得した複数のオーディエンスデータをユーザーごとに1つにまとめ、顧客の特性にあわせて対応策が取れるようになる。

 もう1つの新機能「Rapid Retargeter」は、顧客の対応にあわせて、その都度最適なメッセージを迅速に発信する機能。例えば、ショッピングカートに入れたままになっている商品があればメールでリマインダーを送るといったことができる。従来のリターゲティングツールはチャネルごとに切り離されていたために顧客への働きかけを行うまでに時間を要してたが、Rapid Retargeterは複数のマーケティングチャネルを一元的に管理できるため、ほぼリアルタイムに顧客に向けて最適なマーケティング施策を取ることができるとしている。

オンラインの行動履歴を取得してスコアリングする分析機能の概要
オンラインの行動履歴を取得してスコアリングする分析機能の概要(日本オラクル提供)
Oracle Marketing Cloudの概要
用途と機能マーケティングの意思決定や自動化のためのプラットフォーム機能
提供形態SaaS
主な機能リード(見込み客)管理、メールを活用したマーケティング、分析レポート、CRM連携、リードスコアリング、行動トラッキングなど
特徴個々の顧客ごとにカスタマイズした施策をマルチチャネルを介して提供できること
価格要問い合わせ。Oracle B2B Cross-Channel Marketing Platformの例では、エントリーエディションが1万コンタクトで月額20万円から
発表日2015年4月10日(新機能の「Oracle ID Graph」と「Rapid Retargeter」)
提供開始日2015年4月10日(新機能の「Oracle ID Graph」と「Rapid Retargeter」)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan