インフラ サーバ ストレージ 日本ヒューレット・パッカード

垂直統合システム「HP ConvergedSystem」に中規模向けの仮想化基盤

垂直統合型システム「HP ConvergedSystem」の中規模向けである「200-HC StoreVirtual System」はストレージにStoreVirtual VSAを採用、「200-HC EVO:RAIL」はEVO:RAILを採用している。

 日本ヒューレット・パッカードの「HP ConvergedSystem」は、仮想化基盤に適した垂直統合型システム(用途に応じてサーバやストレージ、ネットワークを統合し、ソフトウェアを設定済みで統合したアプライアンス)。中規模向けの2製品と大規模向けの1製品をラインアップに追加した。

 中規模向けには、ストレージに同社のStoreVirtual VSA(仮想アプライアンス)を採用した仮想化基盤「HP ConvergedSystem 200-HC StoreVirtual System」と、VMware EVO:RAILを採用した「HP ConvergedSystem 200-HC EVO:RAIL」の2製品を用意した。

 前者の200-HC StoreVirtual Systemは、同社製のソフトウェアを搭載。運用管理ソフト「HP OneView InstantOn」によって、最短15分で環境構築が完了するとしている。外部共有ストレージを仮想アプライアンス化したことで、導入時の時間とコストを削減できるとしている。

 後者のEVO:RAILは、VMwareの中小企業向け仮想化基盤ソフトを搭載。VMware vSphereとスケールアウト型ストレージのVirtual SANなどで構成する、必要に応じて、アプライアンス1台(4ノード)から4台(16ノード)まで拡張できる。

 大規模向けには、「HP ConvergedSystem 700 for Virtualization」を用意した。高性能のサーバとストレージ、ネットワーク機器などを組み合わせた。これにより、仮想化基盤の用途だけでなく、その上で動作させる統合基幹業務システム(ERP)などのプラットフォームとしても機能するとしている。

200-HC StoreVirtual System(上)と200-HC EVO:RAIL
200-HC StoreVirtual System(上)と200-HC EVO:RAIL(日本HP提供)
HP ConvergedSystemの概要
用途と機能仮想化基盤を構築する用途に特化した垂直統合型システム
提供形態必要なソフトウェアやミドルウェアをプリインストールして設定済みの状態で提供するハードウェア一体型のアプライアンス装置
製品名200-HC StoreVirtual System200-HC EVO:RAILL700 for Virtualization
適用規模中規模大規模
製品構成の特徴ストレージソフトにHP StoreVirtualを採用仮想化基盤にEVO:RAILを採用運用管理ソフトのOneViewを採用
税別価格1788万7000円から3577万円から6132万円から
発表日2015年3月3日
出荷日2015年3月3日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan