仮想化 ネットワーク仮想化 インフラ ネットワーク

実用フェーズに到達したSDN、その実力とは

 SDN(Software Defined Network)とは、「管理が簡単で個別の機器設定が不要」で、「ハードウェアに依存せず自由に構成変更やリソース追加が可能」なネットワークを、ソフトウェアで実現する概念だ。

 サーバでは常識となっているこの概念も、従来のネットワーク技術では実現が難しかった。しかし近年、SDNの登場によって、サーバ仮想化と同じように「変幻自在なネットワーク」が構築可能となった。これにより、ネットワークの管理運用性が向上し、ハードウェア数を減少させることで、総所有コスト(TCO)の削減にも寄与する。このようなSDNの考え方が市場で多くの賛同を得ている一方で、「SDNを導入して何を解決できるのか」「実現できることは何なのか」といった声もまだまだ存在する。

 そこで本連載では、実用フェーズに到達したSDNについて、代表的な製品を挙げながら利用シーンやメリットを具体的に解説する。

SDN登場の背景

編集部おすすめの関連記事

 近年、ITとビジネスの関係はますます深まっている。競争優位性の源としてITを活用する企業が業種を問わず増加しており、さまざまなITサービスを顧客や社内利用者に速やかに提供する“ビジネスの迅速性”が必須となっている。

 そのような中、VMwareをはじめとするサーバ仮想化製品の登場で、コンピューティングリソースは迅速に提供可能となったが、これらを接続するネットワークは大きく変化しておらず、次々に作成される仮想マシンに対して迅速にネットワークを提供することが難しい状況であった。

 具体的には、スイッチやルータといった機器ごとに仮想LAN(VLAN)や経路を設定し、ロードバランサにも設定、その後ファイアウォールにポリシーを個別で付与するなど、複数の機器それぞれに対してパラメータを設定する必要があった。

 場合によっては物理的なケーブルリングの追加や変更などが必要となるケースもある。さらに、既存ネットワークへの配慮から、深夜の作業が求められる場合も多い。このように、ネットワークの運用や管理は煩雑化し、さまざまな対応に時間を要するといったボトルネックが指摘され、ビジネス全体の足かせになっていると感じられていた。


 SDN誕生の背景には諸説あるが、ネットワークのボトルネックを解消した迅速なITインフラへの期待が、SDN登場の主な要因であることは間違いないだろう。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan