仮想化 ネットワーク仮想化 インフラ ネットワーク

実用フェーズに到達したSDN、その実力とは

本連載では、実用フェーズに到達したSDNについて、代表的な製品を挙げながら利用シーンやメリットを具体的に解説し、利用する価値があるか否かを判断するための助力となれば幸いである。

SDNの主な仕組みとメリット

 上述のように、従来のネットワークでは、個別の機器に対して設定や運用を実施しており、規模の拡大や環境の複雑化により、運用が煩雑になる傾向にあった。一方、SDNでは、コントローラによってネットワークを一元的に管理することにより、仮想化、自動化、運用性の向上などを実現することで、課題に対する一つの解を提示することが可能となった。

 SDNでは、「SDNコントローラ」と呼ばれるコンポーネントが中心となって、ネットワークを制御する。このSDNコントローラは大きく分けて「ノースバウンドAPI」「サウスバウンドAPI」の2つのAPIを持っている。


 サウスバウンドAPIは、SDNコントローラから各ネットワーク機器を制御するためのAPIである。これにより、ネットワークの作成や設定変更等が一元的に可能となり、各ネットワーク機器に対する個別設定が不要となる。サウスバウンドAPIの代表例として標準技術「OpenFlow」が良く知られているため、「SDN=OpenFlow」のようなイメージを持たれている方も多いのではないだろうか。

 このOpenFlowの実装には「相互接続性への配慮」「フローのスケーラビリティ」「コントローラに対する負荷」などの配慮すべき点がリリース当初の過渡期には存在しており、結果としてリリースされた各社のソリューションでは独自に開発したOpenFlowの拡張プロトコルを使用するケースや、オーバーレイ型と組み合わせたアーキテクチャを採用する製品が主流となっている。

 一方、ノースバウンドAPIは、外部の機器やソフトウェアから、SDNコントローラを制御するAPIとなる。標準化は実施されていないものの、これらのAPIを使用することによって、外部のクラウド管理ソフトウェアなどからSDNコントローラを制御し、外部ソフトウェアからネットワークの作成や設定変更などが可能となる。SDN製品の選定の観点として、利用したい周辺製品がノースバウンドAPIを介して連携できるか否かを確認することも重要だ。

 このような仕組みを活用したSDNの主なメリットを以下に3点挙げる。

(1)ネットワーク管理の一元化、効率化

 SDNでネットワークそのものを抽象化することで、機器それぞれへの設定が不要になり、ネットワーク全体の一元的な運用管理が可能となる。これにより、運用管理面の向上、サービス提供時間の短縮、短縮、運用コスト(OPEX)削減効果が期待できる。

(2)サービス連携、外部ツールとの連携

 SDNコントローラがノースバウンドAPIを提供することで、他のツールやサービスとシームレスな連携が可能だ。例えば、クラウド管理ソフトウェアのような外部ツールと連携することで、仮想化されたサーバやストレージなどの他リソースとともにオンデマンドで柔軟なネットワークが利用可能となる。これにより、ネットワークだけではなく、インフラ全体に対するサービス提供時間の短縮や、さらなるOPEXの削減効果が期待できる。

(3)俊敏で柔軟な構成変更

 SDNでは、物理ネットワークにとらわれずに論理的なネットワークが構築可能だ。これにより、一元的に管理しながら、きめ細かい制御ポリシーなどを設定・修正することも可能だ。例えば、データセンターのマルチテナント環境で、特定のユーザーのみファイアウォールの機能を使用させるといったことも実現できる。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]