コンバージド・ハイパーコンバージド

PowerEdge VRTX:デルの中小規模企業向けコンバージドシステム

サーバ、ストレージ、ネットワーキング、管理機能を、1台のきょう体に統合して提供する。

 PowerEdge VRTXは、デルの中小規模企業向けコンバージドインフラストラクチャプラットフォーム。サーバ、ストレージ、ネットワーキング、管理機能を、1台のきょう体に統合して提供する。

 最大768Gバイトのメモリを搭載し、4つのサーバノードから内蔵ストレージを共有できる。サーバノードは、インテルXeon「E5-2600 v3」ファミリを搭載した4ソケットの「Dell PowerEdge M830」あるいは「同M820」、2ソケットの「同M630」「同M620」「同M520」を組み合わせた構成が可能である。

PowerEdge VRTXの外観
PowerEdge VRTXの外観

 内蔵ストレージは、容量重視の場合は最大12台の3.5インチ・ハードディスクドライブ(HDD)で最大48Tバイトまで、パフォーマンス重視の場合は最大25台の2.5インチHDDで最大30Tバイトまで拡張可能。HDDはホットプラグ機能とホットスワップ機能に対応し、オプションの「PERC」を使用すると、RAIDコントローラのフェイルオーバー機能を、1つのきょう体内で実現できる。

 OSはWindows Server 2008 R2、同2012/2012 R2、SUSE Linux Enterprise Server、Red Hat Enterprise Linux、VMware ESXから選択する。オプションで組み込み型ハイパーバイザのCitrix XenServer、VMware vSphere ESXiも使用できる。

 ネットワークは、10ギガバイトイーサネット(GbE)およびギガバイトイーサネット1のスイッチモジュールを内蔵。オプションで、デュアルまたはクアッドポートの10GbE NIC(ネットワークインタフェースカード)を実装できる。

 サーバ、ストレージ、ネットワーキングの導入、監視、更新、管理を、ブラウザベースの統合コンソールで行える管理機能を備える。システム管理ツールの「Dell OpenManage Essentials」、「Chassis Management Controller(CMC)」およびジオグラフィック・ビューを併用すると、ネットワーク上の場所を問わず、VRTXプラットフォームを監視できる。

PowerEdge VRTXの概要
用途と機能中小規模企業向けコンバージドインフラストラクチャプラットフォーム
特徴サーバ、ストレージ、ネットワーキング、管理機能を、1台のきょう体に統合して提供する。
格納データ容量最大48Tバイト
価格133万8000円(税込)から
導入企業(ユーザー)米EMERSON、ミッタシステム、ニュージェック、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan