コンバージド・ハイパーコンバージド

PowerEdge VRTX:拠点や支店などで活用できるコンバージドインフラ

コンバージドインフラ「PowerEdge VRTX」は、サーバやストレージ、ネットークを5Uのシャーシにまとめた。検証済みの構成によって、特別な冷却装置を使う必要がないと説明する。

PowerEdge VRTXのポイント

  • ホットスワップ対応のx86ブレードサーバを最大4台格納
  • HDDは3.5インチなら12台まで、2.5インチなら25台まで搭載可能
  • オプションでGPUアクセラレータやSSDも活用可能

PowerEdge VRTXの製品解説

 デルの「PowerEdge VRTX(バーテックス)」は、サーバやストレージ、ネットーク、管理ソフトウェアを5Uのシャーシにまとめたコンバージドインフラストラクチャ(CI)。スモールオフィスやホームオフィス(SOHO)、リモートオフィスやブランチオフィス(ROBO)での利用を想定している。

編集部おすすめの関連記事

 検証済みの構成によって、特別な冷却装置を使う必要がない。業務時間外にAC電源を切っても心配する必要もないと説明する。

 x86ベースのブレードサーバ「PowerEdge M830」(4ソケット)と「PowerEdge M640/630」(2ソケット)を最大4台格納できる。ブレードサーバはホットスワップに対応している。

 ストレージは、3.5インチのハードディスクドライブ(HDD)を12台まで(最大120TB)格納可能。パフォーマンスを優先させる場合は2.5インチHDDを25台(最大96TB)まで格納できる。DASアレイ「PowerVault MD1200」などを最大4台まで接続できる。

 内蔵する1ギガビットイーサネット(GbE)の統合スイッチモジュールを使えば、外付けのネットワーキングスイッチを使う必要がない。オプションで10GbEスイッチも利用できる。オプションではGPUアクセラレータや接続規格「NVMe」に対応するソリッドステートドライブ(SSD)も活用できる。

 管理ソフトウェア「Dell EMC OpenManage」が用意されている。シャーシ全体を一元的に管理するための「Chassis Management Controller」を併用すれば、構成するハードウェア全体を一元的に単一の画面から管理できるようになる。

PowerEdge VRTXのまとめ
用途と機能5Uのシャーシにまとめたコンバージドインフラストラクチャ
特徴ホットスワップ対応のx86ブレードサーバを最大4台格納。HDDは3.5インチなら12台まで、2.5インチなら25台まで搭載可能。オプションでGPUアクセラレータやSSDも活用可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]