スマートフォン OS

企業利用の「iPhone」、2台に1台が旧バージョンのOSを利用--Duo Labs調査

Duo SecurityのリサーチチームであるDuo Labsが米国時間9月8日に公表した調査結果によると、企業のネットワークで利用されている「iPhone」のうち、およそ半数がいまだに「iOS 8.3」あるいはそれ以前のバージョンを使用しているという。

 Duo SecurityのリサーチチームであるDuo Labsが米国時間9月8日に公表した調査結果によると、企業のネットワークで利用されている「iPhone」のうち、およそ半数がいまだに「iOS 8.3」あるいはそれ以前のバージョンを使用しているという。この事実を見るだけで、これらのiPhoneが幅広く知られている数多くの脆弱性に対するリスクを抱えていることが分かるはずだ。なお、こうした脆弱性には、攻撃者が「iOS」搭載機器からデータや企業の認証情報を盗み取るために用いている、「Ins0mnia」や「Quicksand」といった悪質なものも含まれている。

ho

 しかし、Ins0mniaやQuicksandをはじめとする深刻な脆弱性に対するパッチを含んだ「iOS 8.4.1」がリリースされた際、こうしたiPhoneに対するアップデートの適用は9%にとどまったという。

 また、今回の調査の対象となったすべての機器のうち、およそ31%ではさらに古いバージョンのiOSが使用されていた。2013年9月にリリースされた「iOS 7」を使用しているiPhoneが14%もあったのだ。こうしたiPhoneには、企業の機密情報の窃盗などに利用できる脆弱性が390件以上も存在することになる。

 しかも、脆弱な機器が1台あるだけで、データネットワーク全体がリスクにさらされてしまうのだ。

 アップデートを適用するユーザーも、決して行動が早いわけではない。iOS 8.4.1では70件以上の深刻な脆弱性に対処しているものの、リリース後1週間以内にアップデートを適用しなかったユーザーは、10人中9人以上に及んでいたこともこの調査で明らかになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. そのままでは越えられない「年商2億」の壁!突き破った企業はここが違う
  2. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  3. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  4. 顧客とのつながりを強化する“3つ”のステップ-相手に合わせて最適な顧客体験を提供するには
  5. お客様とのつながりを強固に!メールマーケティングの効果を高めるために知っておきたいこと

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan