IaaS ニフティ

ニフティクラウド:低遅延の国産パブリッククラウドサービス

 ニフティの「ニフティクラウド」はパブリッククラウドサービスだ。同社が運用するサーバリソースをインターネット経由で利用可能にするIaaSで、初期費用が0円で従量課金と月額課金を選択できることや、国産のサービスのためレイテンシが低いことなどが特徴である。

 利用できるOSはCentOS、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu、Windows Server。OSによって利用料が異なる。用途によって2つのタイプがあり、一般的な業務システムなど汎用的なシステム向けの「Type-e」、高速処理が必要なシステム向けの「Type-h」を用意している。ネットワーク転送は10Tバイトまで無料だ。


ニフティクラウドのコンソールの画面

 料金は「Type-e」のプロセッサが1vCPU、メモリが512Mバイトの「e-mini」が月額2210円、従量課金の場合は起動時に1時間4円、停止時は同3円。「Type-h」はプロセサが1vCPU、メモリが512Mバイトの「mini」が月額4800円、従量課金は起動時に1時間7円、停止時に同5円。

 2015年6月には法人向けの機能を強化。ストレージに、汎用的な用途やバックアップ用の「標準ディスク」と、I/O性能が高い「高速ディスク」の2つを用意した。標準ディスクの料金は、100Gバイトで月額2000円、従量課金の場合は1時間3円だ。このほか、データ移行の際にニフティが用意する記憶媒体に顧客側でデータを格納し送付する「ディスク受取サービス」なども開始している。

ニフティクラウドの概要
用途と機能パブリッククラウドサービス
特徴純国産。初期費用が0円で、従量課金と月額課金を選択できる
価格(税別)高コストパフォーマンスモデルの「Type-e e-mini1vCPU 512MB」が月額だと2210円、従量課金の場合、起動時は1時間4円、停止時は1時間3円
導入企業オークネット・アイビーエス、プレイハートなど
現行版の提供開始日2015年6月

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan