IaaS 富士通クラウドテクノロジーズ

ニフティクラウド:低遅延の国産パブリッククラウドサービス

「ニフティクラウド」はパブリッククラウドサービス。ニフティが運用するサーバリソースをインターネット経由で利用可能にするIaaSだ。

 ニフティの「ニフティクラウド」はパブリッククラウドサービスだ。同社が運用するサーバリソースをインターネット経由で利用可能にするIaaSで、初期費用が0円で従量課金と月額課金を選択できることや、国産のサービスのためレイテンシが低いことなどが特徴である。

 利用できるOSはCentOS、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu、Windows Server。OSによって利用料が異なる。用途によって2つのタイプがあり、一般的な業務システムなど汎用的なシステム向けの「Type-e」、高速処理が必要なシステム向けの「Type-h」を用意している。ネットワーク転送は10Tバイトまで無料だ。


ニフティクラウドのコンソールの画面

 料金は「Type-e」のプロセッサが1vCPU、メモリが512Mバイトの「e-mini」が月額2210円、従量課金の場合は起動時に1時間4円、停止時は同3円。「Type-h」はプロセサが1vCPU、メモリが512Mバイトの「mini」が月額4800円、従量課金は起動時に1時間7円、停止時に同5円。

 2015年6月には法人向けの機能を強化。ストレージに、汎用的な用途やバックアップ用の「標準ディスク」と、I/O性能が高い「高速ディスク」の2つを用意した。標準ディスクの料金は、100Gバイトで月額2000円、従量課金の場合は1時間3円だ。このほか、データ移行の際にニフティが用意する記憶媒体に顧客側でデータを格納し送付する「ディスク受取サービス」なども開始している。

ニフティクラウドの概要
用途と機能パブリッククラウドサービス
特徴純国産。初期費用が0円で、従量課金と月額課金を選択できる
価格(税別)高コストパフォーマンスモデルの「Type-e e-mini1vCPU 512MB」が月額だと2210円、従量課金の場合、起動時は1時間4円、停止時は1時間3円
導入企業オークネット・アイビーエス、プレイハートなど
現行版の提供開始日2015年6月

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]