SAN フラッシュストレージ デル

Dell SCv2000:中小規模組織の1次ストレージに向くSANストレージ

エントリークラスのSANストレージ「Dell SCv2000」は、中小規模組織の1次ストレージやプロジェクトなどに向くという。専門知識がなくても導入できるようにウィザードベースのツールを用意している。

 デルの「Dell SCv2000」は、中小規模組織の1次ストレージやプロジェクト単位のストレージに向いた、エントリークラスのSANストレージ。専門知識がなくても導入できるようにウィザードベースのツールを用意している。オプションの適用により、データ保護など各種のソフトウエア機能を用意した。

 サーバとの接続は、SAN(FibreChannnel、iSCSI)またはSAS。ドライブは、SSDやHDD(高速、中速、低速)など複数の選択肢用意。ボリューム容量を仮想化するシンプロビジョニング機能を備える。オプションでデータ保護(レプリケーション)、複数のRAID構成を混在させて階層化、データ移行、マルチプロトコル接続など、各種のソフトウエア機能を用意した。

 搭載ドライブ数などに応じて3モデルを用意した。「SCv2000」は、2Uラックマウント型に3.5型×12台を搭載する。「SCv2020」は、2Uラックマウント型に2.5型×24台を搭載する。「SCv2080」は、5Uラックマウント型に3.5型または2.5型×84台を搭載する。いずれのモデルも、拡張ユニット使用時の最大ドライブ数は168台。

Dell SCv2000
Dell SCv2080の外観(デル提供)
Dell SCv2000の概要
用途と機能小中規模組織の1次ストレージなどに向いたエントリークラスのSANストレージ
サーバ接続SAN(FC、iSCSI)、SAS
利用できるドライブSSD、HDD(高速、中速、低速)
RAIDRAID 5、6、10、10 DM(デュアルミラー)。1台の装置で複数のRAIDレベルを混在可能
主なストレージ機能シンプロビジョニング(ボリューム容量を仮想化)
主なオプション機能データ保護(レプリケーション)、複数のRAID構成を混在させて階層化、データ移行、マルチプロトコル接続など
モデルSCv2000SCv2020SCv2080
形状2Uラックマウント5Uラックマウント
内蔵ドライブ3.5型×122.5型×243.5型または2.5型×84
拡張ユニットによる最大ドライブ数168台
税別価格159万9000円から
発表日2015年5月11日
出荷日2015年5月11日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで綴るシステム運用自動化への道~あの企業はいかにして情シス部門の残業を激減させたのか?
  2. 導入担当SEが語る クラウドシフトで後悔しないために、事前に確認すべきこととは?
  3. リモートワーク許可はすでに4割超え!? 意外な結果から見えてきた、働き方改革で本当に必要なもの
  4. 「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果
  5. モノのサービス化を支える! ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルを上昇気流に乗せたSPM

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]