IAサーバー デル

Dell PowerEdge R930:NVMe SSDを8台内蔵できるハイエンドPCサーバ

デルのPCサーバの中で最もハイエンドな「Dell PowerEdge R930」は、拡張性に注力。基幹業務システムやオンライントランザクション処理、インメモリデータベースなど高性能を要求するアプリケーションに向く。

 デルの「Dell PowerEdge R930」は、同社のPCサーバの中で最もハイエンドに位置する機種。拡張性に注力しており、最大構成時には、高さ4Uのラックマウント型の筐体に4ソケット(18コアCPU×4で72コア)、メモリ96枚(64Gバイト×96で6Tバイト)、2.5インチSAS/SATA×24ドライブ、PCI Express接続の2.5インチNVMe SSD×8ドライブ(3.2Tバイト×8で25.6Tバイト)を収容する。

 基幹業務システムやオンライントランザクション処理、インメモリデータベースなど高性能を要求するアプリケーションに向く。72コアとメモリ6Tバイトによる計算能力と、最大8台のPCI Express接続のソリッドステートドライブ(SSD)によるストレージI/O性能を兼ね備える。NVMe SSDは、従来型(SAS/SATA接続)のSSDと比べて最大10倍のI/O性能があるという。

Dell PowerEdge R930
Dell PowerEdge R930の外観(デル提供)

 また、HDDの一部をSAS接続SSDとして、SSDをハードディスクドライブ(HDD)のキャッシュとして利用する使い方も可能。この場合、オールHDD構成と比べて性能は約9倍に、オールフラッシュ構成と比べてコストは23%削減になるという。

 外部接続ストレージを使う場合も、内蔵するNVMe SSDを外部ストレージのキャッシュとして使えば、ストレージI/Oを高速化できる。このためのソフトとしてデルは分散キャッシュソフトの「Dell Fluid Cache for SAN」を提供している。最大8代のPCサーバでキャッシュプールを形成できる。

Dell PowerEdge R930の概要
用途と機能汎用PCサーバ
大きさ4Uラックマウント
CPU4ソケット。最大18コアのXeon E7-8800/E7-4800を使用
メモリDIMM×96スロット。最大容量は6Tバイト(64Gバイト×96)
内蔵ドライブ2.5インチSAS/SATA×24(HDD/SSD)
NVMe SSDPCI Express接続の2.5インチNVMe SSD×8。1台のNVMe SSDの最大容量は3.2Tバイト
税別価格190万8200円から
発表日2015年5月19日
出荷日2015年5月19日

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]