IAサーバ デル

Dell PowerEdge R930:NVMe SSDを8台内蔵できるハイエンドPCサーバ

デルのPCサーバの中で最もハイエンドな「Dell PowerEdge R930」は、拡張性に注力。基幹業務システムやオンライントランザクション処理、インメモリデータベースなど高性能を要求するアプリケーションに向く。

 デルの「Dell PowerEdge R930」は、同社のPCサーバの中で最もハイエンドに位置する機種。拡張性に注力しており、最大構成時には、高さ4Uのラックマウント型の筐体に4ソケット(18コアCPU×4で72コア)、メモリ96枚(64Gバイト×96で6Tバイト)、2.5インチSAS/SATA×24ドライブ、PCI Express接続の2.5インチNVMe SSD×8ドライブ(3.2Tバイト×8で25.6Tバイト)を収容する。

 基幹業務システムやオンライントランザクション処理、インメモリデータベースなど高性能を要求するアプリケーションに向く。72コアとメモリ6Tバイトによる計算能力と、最大8台のPCI Express接続のソリッドステートドライブ(SSD)によるストレージI/O性能を兼ね備える。NVMe SSDは、従来型(SAS/SATA接続)のSSDと比べて最大10倍のI/O性能があるという。

Dell PowerEdge R930
Dell PowerEdge R930の外観(デル提供)

 また、HDDの一部をSAS接続SSDとして、SSDをハードディスクドライブ(HDD)のキャッシュとして利用する使い方も可能。この場合、オールHDD構成と比べて性能は約9倍に、オールフラッシュ構成と比べてコストは23%削減になるという。

 外部接続ストレージを使う場合も、内蔵するNVMe SSDを外部ストレージのキャッシュとして使えば、ストレージI/Oを高速化できる。このためのソフトとしてデルは分散キャッシュソフトの「Dell Fluid Cache for SAN」を提供している。最大8代のPCサーバでキャッシュプールを形成できる。

Dell PowerEdge R930の概要
用途と機能汎用PCサーバ
大きさ4Uラックマウント
CPU4ソケット。最大18コアのXeon E7-8800/E7-4800を使用
メモリDIMM×96スロット。最大容量は6Tバイト(64Gバイト×96)
内蔵ドライブ2.5インチSAS/SATA×24(HDD/SSD)
NVMe SSDPCI Express接続の2.5インチNVMe SSD×8。1台のNVMe SSDの最大容量は3.2Tバイト
税別価格190万8200円から
発表日2015年5月19日
出荷日2015年5月19日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan