資産管理 エムオーテックス

SAMソリューション:ソフトウェア資産管理の全行程を支援するエムオーテックスのサービス

「ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューション」は、SAMの国際基準であるISO/IEC 19770-1に準拠したSAM体制構築支援や、ソフトウェアライセンス調査票の記入支援などを提供するサービス。

 エムオーテックスの「ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューション」は、SAMの国際基準であるISO/IEC 19770-1に準拠したSAM体制構築支援や、ソフトウェアライセンス調査票の記入支援などを提供するサービスだ。

 SAMとは、使用許諾契約や著作権法の遵守に加え、ソフトウェア資産の取得から廃棄まで、ライフサイクルのすべての段階で、ソフトウェア資産を管理するために必要なプロセスを指す。SAMを実施すると、情報セキュリティの強化やIT基盤の統制、ITコストの削減などの効果がある。


ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューションでWindowsクライアントOSのインストール状況を把握して作成したレポートの例

 「ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューション」は、このSAM実施を支援する「SAM体制構築」のほか、「ライセンス監査・調査対応」、「現状把握・リスク診断」、「ソフトウェアに関する教育」の4つのサービスを提供する。

 「SAM体制構築」では、兼松エレクトロニクスの台帳システム「Asset RADAR」、もしくはラクソルの台帳システム「SARMS」と、エムオーテックスのインベントリツール「LanScope Cat」を組み合わせて用いる。台帳システムの情報と、インベントリツールが収集した資産情報を自動照合し差分を出力、ソフトウェア資産の状況を把握する。

 「ライセンス監査・調査対応」では、メーカーの調査票の回答に必要な情報の確認方法のレクチャーと、調査票への記入サービスを提供する。情報収集ツールとして、LanScope Catの製品版を無料で利用できる。

 「現状把握・リスク診断」では、利用ソフトウェア分析やソフトウェアの過不足分析、SAMAC(ソフトウェア資産管理評価認定協会)のコンサルタントによるSAMの簡易成熟度診断などを実施する。この支援サービスでも、情報収集にLanScope Catを無料で利用できる。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

ソフトウェア資産管理(SAM)ソリューション
用途と機能ソフトウェア資産管理体制の構築支援、ソフトウェアライセンス調査票の記入支援
特徴台帳システムに登録された情報と、インベントリツールが収集した資産情報を自動で照合し、差分を出力する
価格(税別)問い合わせ
導入企業
現行版の提供開始日2015年4月