BI クリックテック・ジャパン

QlikView:自由にドリルダウンできるインメモリ活用のセルフサービス型BIツール

BIツール「QlikView」は、メモリにデータを載せて分析できる。エンドユーザー自身が分析の切り口を決め、エンドユーザーの連想によって分析の切り口を変えていける。

QlikViewのポイント

  • エンドユーザーの連想によって分析の切り口を変えていける
  • カスタマイズした切り口を共有
  • 拡張APIでビジネスアプリケーションなどに統合可能

QlikViewの製品解説

 クリックテック・ジャパンの「QlikView」は、メモリに対象のデータを載せて分析する、インメモリ型のビジネスインテリジェンス(BI)ツール。例えば、「地域」のデータを見た後、それに関連した「販売担当者」のデータを選択して見る、さらにその2つに関連した「製品」のデータを見るといったことができるのが特徴だ。この技術は「連想検索」と呼ばれる独自のもの。

編集部おすすめの関連記事:セルフサービスBIベンダー座談会

  1. 見直し迫られるIT部門の役割
  2. エンドユーザーのデータ活用法を理解すべき
  3. 守るデータと守らないデータを見極める
  4. IT部門はデータリテラシーを高める“コンシェルジュ”に
  5. データに基づいたコミュニケーションを深める

 多くのBIツールは、大分類として「地方」からデータが始まり、データを細かく見る際には「都道府県」「製品」といった順に“ドリルダウン”という手法でデータを追う形式になっている。そのような“ドリルダウン”の流れはIT部門が事前に決めることが多い。

 QlikViewの分析はエンドユーザー自身が分析の切り口を決め、エンドユーザーの連想によって分析の切り口を変えていける。以前のBIツールでは、IT部門によるところが大きかったが、エンドユーザーが自らデータを用意することから“セルフサービス型”と呼ばれる。

 アプリケーションへのアクセス許可はトップダウンで制御できる。レイアウトやデザインを細密に制御できるダッシュボードやユーザーインターフェースで操作できる。独自のスクリプトで独自のアプリを開発し、QlikView Workbench で開発を拡張でき、拡張したAPIでQlikViewをビジネスアプリケーションやシステム管理ソフトウェアに統合できる。

QlikViewの画面(出典:クリックテック)
QlikViewの画面(出典:クリックテック)
QlikViewのまとめ
用途と機能独自のガイデッドアナリティクスで洞察力を提供するBIツール
特徴メモリに対象のデータを載せて分析する、インメモリ型。エンドユーザー自身が分析の切り口を決め、エンドユーザーの連想によって分析の切り口を変えていける
税別参考価格250万2000円~

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]