オフィスソフト

Apache OpenOffice:ASFが開発するMS互換の無料オフィススイート

「Apache OpenOffice」はApache Software Foundation(ASF)が開発する無料でクロスプラットフォームのオフィススイート。Microsoft Officeなど市販のオフィススイートと互換性がある。

 「Apache OpenOffice」はApache Software Foundation(ASF)が開発する無料でクロスプラットフォームのオフィススイートだ。スイートは文書作成の「Writer」、表計算の「Calc」、プレゼンテーションの「Impress」、図形描画の「Draw」、データベースの「Base」、数式の「Math」の各アプリケーションで構成されている。

 Microsoft Officeなど市販のオフィススイートと互換性がある。対応するOSは、「Apache OpenOffice 4.1.1」の時点でWindows、Mac OS X、Linux、FreeBSD、Solarisとなっている。


Apache OpenOfficeの画面

 「Apache OpenOffice」は、旧Sun Microsystemsが開発したOpenOffice.orgがもとになっている。OracleがSun Microsystemsを買収し、その後にOpenOffice.orgのソースコードをApacheソフトウェア財団に提供した。

 The Document Foundationが開発する「LibreOffice」もOpenOffice.orgがもとになっているために、アプリケーションの名前が同じなど、機能面で共通する部分が多い。

Apache OpenOfficeの概要
用途と機能オフィススイート。ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーション、ドローイング、データベース、数式編集の機能がある
特徴無料でクロスプラットフォームに対応する
価格(税別)無料
導入企業
現行版の提供開始日2014年8月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]