メールセキュリティ McAfee

McAfee Email Protection:オンサイトとクラウド上で電子メールを保護するソリューション

「McAfee Email Protection」は、オンサイトとクラウド上で電子メールを保護するソリューション。スパム対策やマルウェア対策、データ漏えい防止、コンテンツベースのポリシー施行、クリック時のリンクスキャンなどの機能を持つ。

 マカフィーの「McAfee Email Protection」は、オンサイトとクラウド上で電子メールを保護するソリューションだ。スパム対策やマルウェア対策、データ漏えい防止、コンテンツベースのポリシー施行、クリック時のリンクスキャンなどの機能を持つ。

 オンプレミスに設置するゲートウェイ型とSaaS型の二つがある。ゲートウェイ装置の「Email Gateway」は送受信するメールの保護、コンプライアンス対応の簡素化、管理作業の軽減、運用コストの削減が可能、といった特徴がある。


McAfee Email Protection

 SaaS型の「SaaS Email Protection and Continuity」は、クラウド上でスパム、ウイルス、その他のマルウェアをブロックし、ネットワークへの侵入を防いだり、送信メールにポリシーを施行する機能を持つ。利用に際しては、ハードウェアやソフトウェアを追加する必要がない。

 Email Protectionは、「McAfee Advanced Threat Defense」と併用することで、高度な標的型攻撃、スピアフィッシングでよく利用されるステルス型攻撃やゼロデイマルウェアを防ぐことができる。

Email Protectionの概要
用途と機能オンサイト、クラウド上での電子メールの保護
特徴スパム対策やマルウェア対策、データ漏えい防止、コンテンツベースのポリシー施行、クリック時のリンクスキャンなどの機能がある
価格(税別)11〜25ライセンスの場合、SaaS Email Protectionが1ノード4683円
導入企業LeadQual、Major U.S. State Government
現行版の提供開始日2011年2月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]