クライアントセキュリティ McAfee

McAfee Server Security Suite Advanced:物理、仮想、クラウドの混在環境に対応するセキュリティ

「McAfee Server Security Suite Advanced」は、プライベートクラウド、パブリッククラウド、仮想マシン、物理マシンが混在した環境に対応したセキュリティソリューションだ。

 マカフィーの「McAfee Server Security Suite Advanced」は、プライベートクラウド、パブリッククラウド、仮想マシン、物理マシンが混在した環境に対応したセキュリティソリューションだ。パブリッククラウドと社内システムのセキュリティポリシーを一元的に管理できるため、主にデータセンターでの利用を想定している。

 物理サーバでは、Windows、Linuxに対応している。仮想環境では、VMwareをはじめ複数のハイパーバイザをサポートし、Amazon Web Services、OpenStack、Microsoft Azureなどのクラウド環境にも対応している。


McAfee Server Security Suite Advanced

 物理、仮想、クラウドが混在した環境でハイパーバイザと仮想マシンを自動で検出し、セキュリティポリシーを自動で適用する機能を持つ。1つのコンソールでMcAfeeのすべてのサーバセキュリティ機能を管理できる。

 このほか、ゼロデイ攻撃などのセキュリティ脅威の侵入の阻止や、ホワイトリストを使った未承認アプリケーションのブロック、未許可のシステム変更の防止といった機能を搭載する。

Server Security Suite Advancedの概要
用途と機能オンプレミス、仮想、クラウドに対応したデータセンター向けセキュリティソリューション
特徴パブリッククラウドと社内システムのセキュリティポリシーを一元的に管理できる
価格(税別)初年度ライセンス費用と保守1年を含め、1~25ノード導入でOSインスタンスあたり20万7840円から
導入企業
現行版の提供開始日2014年7月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]