オフィスソフト

LibreOffice:The Document Foundationが開発するMS Office互換の無料オフィススイート

「LibreOffice」はThe Document Foundationが提供する無料のクロスプラットフォームのオフィススイート。

 「LibreOffice」はThe Document Foundationが提供する無料のクロスプラットフォームのオフィススイートだ。スイートは、ワードプロセッサの「Writer」、表計算の「Calc」、プレゼンテーションの「Impress」、ドローイングとフローチャート用の「Draw」、データベースとそのフロントエンドとなる「Base」、数式を編集するための「Math」で構成されている。

 Microsoft Officeなど市販のオフィススイートと互換性がある。対応するOSは、「LibreOffice 5.0」の時点でWindows、Mac OS X、Linux、FreeBSD、NetBSD。


LibreOfficeの画面

 LibreOfficeは、OpenOffice.orgから派生したソフトであるため、同じく無料のオフィススイートである「Apache OpenOffice」と機能的に近い部分がある。

 The Document Foundationは公式サイト上でMicrosoft Officeとの機能比較を掲載しており、価格以外の点でも、対応しているOSの数や64bitアプリーケーションとして利用できる環境などの点で、機能面に違いがあるとしている。

 日本ではアシスト、住友電気工業、JA福岡市などが、「LibreOffice」を利用している。

LibreOfficeの概要
用途と機能オフィススイート。ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーション、ドローイングとフローチャート、データベース、数式編集の機能がある
特徴無料でクロスプラットフォームに対応する
価格(税別)無料
導入企業アシスト、住友電気工業、JA福岡市
現行版の提供開始日2015年8月

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]