ゲートウェイセキュリティ

SecureSphere:データベースとWebアプリサーバ用のセキュリティゲートウェイ

「SecureSphere」は、Webアプリケーションサーバやデータベース管理システム(DBMS)の前に設置してゲートウェイとして利用する製品である。

 Impervaの「SecureSphere」は、Webアプリケーションサーバやデータベース管理システム(DBMS)の前に設置してゲートウェイとして利用する製品である。既存の環境に影響を与えることなく、アクセスの監視と防御ができることが特徴だ。ハードウェアと一緒に提供するアプライアンス型と、仮想マシン上で動作するバーチャルアプライアンス型で提供している。

 SecureSphereは、防御対象となるサーバに対するアクセスを自動学習し、正常な場合のサイトの構成や入力域の文字数、種類などについてのルールを定める。学習後にルールから外れるアクセスがあった場合、それを攻撃と見なして防御する。


SecureSphereの外観

 「MX」と呼ぶ管理サーバは、単一のコンソールから複数のSecureSphereゲートウェイを一元的に管理、監視する。「SecureSphere Operations Manager」を利用すれば、管理サーバも最高50台まで一元的に管理することが可能だ。

 仮想アプライアンスはVMware ESXと、クラウド上で利用するためのAmazon Web Services環境をサポートしている。

SecureSphereの概要
用途と機能Webアプリケーションサーバ、データベース用のセキュリティゲートウェイ
特徴既存の環境に影響を与えることなく、アクセスの監視と防御ができること
価格(税別)Web Application FirewallのX1010 WAF(スループット100Mbps)は332万5000円から、Database FirewallのX2500 DFW(スループット500Mbps)は855万円から
導入企業
現行版の提供開始日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]