ゲートウェイセキュリティ

SecureSphere:大量のトラフィック負荷に対応するゲートウェイセキュリティ

ゲートウェイセキュリティ「Imperva SecureSphere Appliances」は、既存の環境に影響を与えることなく、アクセスを監視して防御する。パフォーマンスに影響を与えることなく、大量のトラフィック負荷に対応できる。

Imperva SecureSphere Appliancesのポイント

  • パフォーマンスに影響を与えることなく、大量のトラフィック負荷に対応
  • 防御対象となるサーバーに対するアクセスを自動学習
  • ルールから外れるアクセスがあれば、攻撃と見なして防御

Imperva SecureSphere Appliancesの製品解説

 Impervaの「Imperva SecureSphere Appliances」は、ウェブアプリケーションサーバーやデータベースサーバーなどの前に設置するゲートウェイ。既存の環境に影響を与えることなく、アクセスの監視と防御ができる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーションやネットワークのパフォーマンスに影響を与えることなく、大量のトラフィック負荷に対応できる。処理速度が速く、レイテンシが低いため、どのような規模のエンタープライズやサービスプロバイダーの要件にも適合するという。

 防御対象となるサーバーに対するアクセスを自動学習し、正常な場合のサイトの構成や入力域の文字数、種類などについてのルールを定める。学習後にルールから外れるアクセスがあった場合、それを攻撃と見なして防御する。

 物理アプライアンスの他にハイパーバイザ「VMware ESX」で稼働する仮想アプライアンス、IaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」で稼働するモデルも用意されている。物理アプライアンスのラインアップは「X10K」「X8510」「X6510」「X4510」「X2510」「X2010」「X1010」の7種類。

 X6510ではSSLアクセラレーション機能を標準装備、他のモデルではアドオンとして提供されており、速いSSLパフォーマンスが実現できる。X2510やX4510、X6510には、冗長電源やハードディスクドライブ(HDD)が含まれており、ホットスワップに対応している。

Imperva SecureSphere Appliancesのまとめ
用途と機能ゲートウェイセキュリティ
特徴アプリケーションやネットワークのパフォーマンスに影響を与えることなく、大量のトラフィック負荷に対応。防御対象となるサーバーに対するアクセスを自動学習

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ゲートウェイセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]