RDBMS

Amazon Aurora:MySQL互換データベースとしてできること、できないこと

「Amazon Aurora」は、「Amazon Web Services(AWS)」クラウドサービス上で提供される、「MySQL」に対抗する新しいデータベースサービスだ。読者がこれから取り組むプロジェクトに合うかどうか見極めるため、どのようなものか調べてみよう。

 インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス(IaaS)およびプラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS)の主な構成要素は、クラウド上のリレーショナルデータベースである。Microsoftは、「Microsoft SQL Server」との高い互換性を備えるデータベースサービス「Azure SQL Database Server」を用意している。「Google CloudSQL」は、「Google Cloud Platform」上で利用可能なMySQLベースのデータベースサービス。Rackspaceにも、「Oracle」、Microsoft SQL、MySQL、「MariaDB」、「Percona」に対応するマネージドデータサービスがある。Oracleのパブリッククラウド市場向け製品も視野に入れると、選択肢はさらに増える。

 Amazonは、AWSで大規模なデータベースを運用している顧客をターゲットにしたAmazon Aurora一般提供を2015年7月28日に開始した。AWSクラウド上でAmazon Auroraが提供されることは、AWSのシニアVPであるAndy Jassy氏が2014年11月、ラスベガスで開催されたAWS re:Invent conferenceの場で発表した。同氏によると、Amazon Auroraはプロプライエタリな商用データベースエンジンのエンタープライズ版およびハイエンドSANが備えるのと同等の可用性、堅牢性、障害耐性を、10分の1ほどの料金で提供するという。

 データベースサーバ用ソフトウェア開発事業の経験がない会社にしては、相当な背伸びをした発言だった。ただし、Amazonの開発チームは拡張性と可用性のあるデータベースについて、それなりの知識を持っているはずだ。第一、Amazonは世界最大の通販ポータルを運営し、膨大なトランザクションを毎日処理しているではないか。

残り本文:約2871文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  2. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える
  5. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan