無線LAN デル・ソフトウェア

Dell SonicPoint:UTMと連携して安全な無線LAN環境を構築できるAP

無線LANアクセスポイント「Dell SonicPoint」は、UTM機器「Dell SonicWALL」シリーズと連携させられる。複数の無線LANアクセスポイントにまたがったVLANの単位で有線LANと同様のセキュリティポリシーを設定できる。

Dell SonicPointのポイント

  • SonicWALLと連携して有線LANと無線LANで共通のセキュリティ
  • 有線LANだけでなく無線LANも含めて統合脅威管理UTMで守れる
  • VLANの単位で有線LANと同様のセキュリティポリシーを設定

Dell SonicPointの製品解説

 デルの「Dell SonicPoint」は、無線LANアクセスポイント(AP)であり、同社のUTM機器「Dell SonicWALL」シリーズと組み合わせて連携させて使う。有線LANだけでなく無線LANも含めて統合脅威管理(UTM)で守れるようになる。

編集部おすすめの関連記事

 SonicWALLと連携することにより、有線LANと無線LANで共通のセキュリティを実現する。例えば、複数の無線LANアクセスポイントにまたがったVLANの単位で、有線LANと同様のセキュリティポリシーを設定できる。1台のSonicPointは3つまでのVLANに分割でき、それぞれにSSID(ESS-ID)を設定する。

 3モデルで構成される。「Dell SonicPoint ACe」は、IEEE 802.11ac規格に準拠したモデルで、外部アンテナを搭載する。「Dell SonicPoint ACi」は、IEEE 802.11ac規格に準拠したモデルで、内部アンテナを搭載する。「Dell SonicPoint N2」は、IEEE 802.11n規格に準拠したモデルで、外部アンテナを搭載する。

 UTMのSonicWALLの特徴は、パケット再構築不要のディープパケットインスペクション(Reassembly Free Deep Packet Inspection:RFDPI)である。個々のIPパケットの単位のままでウイルス検査などのUTM機能を実現するとしている。一般的なアプリケーションゲートウェイ(プロキシ)型の方式と比べ、並列処理によって性能を上げやすい。

ACe(上)とACiの外観(出典:デル)
ACe(上)とACiの外観(出典:デル)
Dell SonicPointのまとめ
用途と機能SonicWALLと組み合わせて使う無線LANアクセスポイント。UTMの機能を有線LANだけでなく無線LANでも使えるようにする
モデルACeACiN2
無線LAN規格IEEE 802.11acIEEE 802.11n
無線装置の数2(5GHz/2.4GHz同時に使用可能)2
アンテナ外部×6内部×6外部×6
電源供給PoEまたはACアダプタPoE

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan