IAサーバ NEC

Express5800/R140f-4など:仮想化統合に向いたPCサーバのハイエンドモデル

 NECの「Express5800/R140f-4」と「Express5800/B120f-h」は、いずれもPCサーバ「Express5800」シリーズのハイエンドモデル。いずれも、従来モデル(「R140e-4」と「B120e-h」)と比べて、CPU性能や搭載メモリ容量を増やしている。

 R140f-4は、4Uラックマウント型の筐体にCPUを最大4個(最大72コア)搭載できるPCサーバ。メモリは最大4Tバイト。主な特徴は、拡張性と可用性に注力したこと。拡張性は、CPUを1から4個と1個単位で細かく増やせる。可用性は、CPUやメモリの障害時の影響を最小限に抑える機能群を搭載した。

Express5800/R140f-4(上)とExpress5800/B120f-h
Express5800/R140f-4(上)とExpress5800/B120f-hの外観(NEC提供)

 可用性については、修復できないエラーが発生してもOSと連携してシステムダウンを回避するMCAリカバリ機能、メモリモジュール上の複数のメモリチップのうち2個が故障してもシステムを停止せずにエラーを自動修復するDDDC機能を備える。I/Oカードの障害時にサーバを停止することなく予備カードへ切り替える機能も備える。

 B120e-hは、ブレードサーバのハイエンドモデルであり、CPUを最大2個(最大36コア)搭載する。メモリは最大576Gバイト。ストレージは搭載せず、外部のSANストレージを利用する。

Express5800/R140f-4とExpress5800/B120f-hの概要
用途と機能仮想化基盤にサーバを統合する用途に向けてCPU性能とメモリ搭載容量に注力したハイエンドPCサーバ
製品名R140f-4B120f-h
形状ラックマウント(4U)ブレードサーバ
最大CPU4個(72コア)2個(36コア)
最大メモリ4Tバイト576Gバイト
特徴可用性に注力しているメモリを576Gバイトまで積める
税別価格145万4000円から66万1000円から
発表日2015年6月25日
出荷日2015年7月31日2015年6月26日

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan