IAサーバ NEC

Express5800/R140f-4など:仮想化統合に向いたPCサーバのハイエンドモデル

PCサーバ「Express5800」シリーズのハイエンドモデルである「Express5800/R140f-4」と「Express5800/B120f-h」は、従来モデルと比べてCPU性能や搭載メモリ容量を増やしている。

 NECの「Express5800/R140f-4」と「Express5800/B120f-h」は、いずれもPCサーバ「Express5800」シリーズのハイエンドモデル。いずれも、従来モデル(「R140e-4」と「B120e-h」)と比べて、CPU性能や搭載メモリ容量を増やしている。

 R140f-4は、4Uラックマウント型の筐体にCPUを最大4個(最大72コア)搭載できるPCサーバ。メモリは最大4Tバイト。主な特徴は、拡張性と可用性に注力したこと。拡張性は、CPUを1から4個と1個単位で細かく増やせる。可用性は、CPUやメモリの障害時の影響を最小限に抑える機能群を搭載した。

Express5800/R140f-4(上)とExpress5800/B120f-h
Express5800/R140f-4(上)とExpress5800/B120f-hの外観(NEC提供)

 可用性については、修復できないエラーが発生してもOSと連携してシステムダウンを回避するMCAリカバリ機能、メモリモジュール上の複数のメモリチップのうち2個が故障してもシステムを停止せずにエラーを自動修復するDDDC機能を備える。I/Oカードの障害時にサーバを停止することなく予備カードへ切り替える機能も備える。

 B120e-hは、ブレードサーバのハイエンドモデルであり、CPUを最大2個(最大36コア)搭載する。メモリは最大576Gバイト。ストレージは搭載せず、外部のSANストレージを利用する。

Express5800/R140f-4とExpress5800/B120f-hの概要
用途と機能仮想化基盤にサーバを統合する用途に向けてCPU性能とメモリ搭載容量に注力したハイエンドPCサーバ
製品名R140f-4B120f-h
形状ラックマウント(4U)ブレードサーバ
最大CPU4個(72コア)2個(36コア)
最大メモリ4Tバイト576Gバイト
特徴可用性に注力しているメモリを576Gバイトまで積める
税別価格145万4000円から66万1000円から
発表日2015年6月25日
出荷日2015年7月31日2015年6月26日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]