ゲートウェイセキュリティ セキュアソフト

SecureSoft Sniper ONE:セキュアソフトの多機能ゲートウェイ

「SecureSoft Sniper ONE」は不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策など、複数のセキュリティ機能で構成する多機能型のゲートウェイ装置だ

 セキュアソフトの「SecureSoft Sniper ONE」は不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策など、複数のセキュリティ機能で構成する多機能型のゲートウェイ装置だ。

 備える機能は計8個。IPSもしくはDDoSの基本機能のみを利用する最小構成から利用可能で、必要に応じて残りの機能を組み合わせて導入できる。IPSの用途向けには、IPSの基本機能である「IPS」、正規表現によるシグネチャマッチ「Regular Expression」、SSL通信を仲介して暗号化通信を復号する「HTTPS」の3つの機能がある。


SecureSoft Sniper ONEのハードウェアプラットフォーム

 DDoS攻撃対策の用途には、DDoS攻撃対策の基本機能である「Anti-DDoS」と帯域制御の「Rate Limit」の2つの機能がある。特定プロトコル向けにはDNSサーバ攻撃への対策の「DNS」、SIP通話の盗聴やなりすましなどへの対策機能である「VoIP」、DHCPサーバ攻撃への対策のための「DHCP」の3つがある。

 税別価格は、最小構成で650万円から。セキュアソフトは、Sniper ONEに特化した運用監視サービスやログ分析、機器導入支援などのコンサルティングサービスも提供する。ハードウェアプラットフォームは、スループット性能などに応じて3機種6モデルを用意。エントリの「ONE 2000」は1.5Gbpsと3Gbpsの2モデル、ミッドレンジの「ONE 4000」は2Gbpsと4Gbpsの2モデル、ハイエンドの「ONE 40G」は20Gbpsと40Gbpsの2モデルがある。

SecureSoft Sniper ONEの概要
用途と機能不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策機能を備える多機能ゲートウェイ。
特徴計8個の機能を必要に応じて組み合わせて利用できる。単機能からのスモールスタートも可能
価格(税別)最小構成で税別650万円
導入企業
現行版の提供開始日2015年8月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan