ゲートウェイセキュリティ セキュアソフト

SecureSoft Sniper ONE:セキュアソフトの多機能ゲートウェイ

「SecureSoft Sniper ONE」は不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策など、複数のセキュリティ機能で構成する多機能型のゲートウェイ装置だ

 セキュアソフトの「SecureSoft Sniper ONE」は不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策など、複数のセキュリティ機能で構成する多機能型のゲートウェイ装置だ。

 備える機能は計8個。IPSもしくはDDoSの基本機能のみを利用する最小構成から利用可能で、必要に応じて残りの機能を組み合わせて導入できる。IPSの用途向けには、IPSの基本機能である「IPS」、正規表現によるシグネチャマッチ「Regular Expression」、SSL通信を仲介して暗号化通信を復号する「HTTPS」の3つの機能がある。


SecureSoft Sniper ONEのハードウェアプラットフォーム

 DDoS攻撃対策の用途には、DDoS攻撃対策の基本機能である「Anti-DDoS」と帯域制御の「Rate Limit」の2つの機能がある。特定プロトコル向けにはDNSサーバ攻撃への対策の「DNS」、SIP通話の盗聴やなりすましなどへの対策機能である「VoIP」、DHCPサーバ攻撃への対策のための「DHCP」の3つがある。

 税別価格は、最小構成で650万円から。セキュアソフトは、Sniper ONEに特化した運用監視サービスやログ分析、機器導入支援などのコンサルティングサービスも提供する。ハードウェアプラットフォームは、スループット性能などに応じて3機種6モデルを用意。エントリの「ONE 2000」は1.5Gbpsと3Gbpsの2モデル、ミッドレンジの「ONE 4000」は2Gbpsと4Gbpsの2モデル、ハイエンドの「ONE 40G」は20Gbpsと40Gbpsの2モデルがある。

SecureSoft Sniper ONEの概要
用途と機能不正侵入防止(IPS)や分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策機能を備える多機能ゲートウェイ。
特徴計8個の機能を必要に応じて組み合わせて利用できる。単機能からのスモールスタートも可能
価格(税別)最小構成で税別650万円
導入企業
現行版の提供開始日2015年8月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ゲートウェイセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]