MDM Google

Android for Work:種類に応じて管理を選べるEMM、制御ポリシーも拡充可能

全アプリの制御やインストールするアプリの管理、制御ポリシーの拡充などにより、企業でのAndoroid端末の安全な利用を支援する。利用方法に応じて2タイプの管理方法を選択可能。

Android for Workのポイント

  • 社給端末と私物端末で管理方法を選択できる
  • Google Playでアプリをサイレントインストール可能
  • キャプチャの無効化、電話発信の禁止など制御ポリシーは拡充できる

Android for Workの製品解説

 Googleの「Android for Work」は、仕事でAndroidスマートフォンを利用するためのエンタープライズモバイル管理(EMM)製品。私物端末の業務利用(BYOD)にも対応する。

編集部おすすめの関連記事:モバイル活用の実際を聞く

  1. セルフサービス化とガイドライン化が重要に
  2. 働き方も含めた情報戦略が求められている
  3. 業務プロセス改善への契機を秘める
  4. 紛失しても申告しないという“恐怖”

 Android上で実行されるすべてのアプリを制御する。これによってAndroid搭載端末をより安全に利用できるようになる。管理方法は端末の種類によって、Work Managed DeviceとWork Profileの2タイプが用意される。

 Work Managed Deviceは利用端末全体を企業の監視下において管理する。会社支給端末に適用できる。Work Profileは端末内に仕事領域を作成し、仕事領域のみを企業の監視下で管理する。BYODに対応する。

 アプリの管理については、Google Playで提供されているアプリをサイレントインストール、アンインストールできる。管理者が承認したアプリのみを端末のGoogle Playに表示して、提供元が不明の悪質なアプリのインストールを防止する。

 ホワイトリスト形式とブラックリスト形式の両方でアプリを管理、制御することも可能。ダウンロードのブロックやライセンスの一括配信などでサードパーティ製アプリや社内アプリを管理、設定することもできる。

 特定の従業員のアプリをエンドユーザーの介入なしにリモートで設定できる。アプリをホワイトリストに追加することでアプリのインストールや更新の適用も自動化できる。

 スクリーンキャプチャを無効化し、電話発信の禁止など、制御ポリシーは拡充できる。Work Profileでは異なる領域間でのコピー&ペーストを禁止する設定など、管理タイプに応じて最適に設定できる。

Android for Workのまとめ
用途と機能Androidスマートフォンの業務利用を支援するEMM
特徴管理方法は端末の種類によって、Work Managed DeviceとWork Profileの2タイプが用意。ホワイトリスト形式とブラックリスト形式の両方でアプリを管理、制御することも可能。スクリーンキャプチャを無効化し、電話発信の禁止など、制御ポリシーは拡充できる
税別価格(ソフトバンクの場合)1ユーザーあたり月額300円

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]