MDM Google

Android for Work:種類に応じて管理を選べるEMM、制御ポリシーも拡充可能

全アプリの制御やインストールするアプリの管理、制御ポリシーの拡充などにより、企業でのAndoroid端末の安全な利用を支援する。利用方法に応じて2タイプの管理方法を選択可能。

Android for Workのポイント

  • 社給端末と私物端末で管理方法を選択できる
  • Google Playでアプリをサイレントインストール可能
  • キャプチャの無効化、電話発信の禁止など制御ポリシーは拡充できる

Android for Workの製品解説

 Googleの「Android for Work」は、仕事でAndroidスマートフォンを利用するためのエンタープライズモバイル管理(EMM)製品。私物端末の業務利用(BYOD)にも対応する。

編集部おすすめの関連記事:モバイル活用の実際を聞く

  1. セルフサービス化とガイドライン化が重要に
  2. 働き方も含めた情報戦略が求められている
  3. 業務プロセス改善への契機を秘める
  4. 紛失しても申告しないという“恐怖”

 Android上で実行されるすべてのアプリを制御する。これによってAndroid搭載端末をより安全に利用できるようになる。管理方法は端末の種類によって、Work Managed DeviceとWork Profileの2タイプが用意される。

 Work Managed Deviceは利用端末全体を企業の監視下において管理する。会社支給端末に適用できる。Work Profileは端末内に仕事領域を作成し、仕事領域のみを企業の監視下で管理する。BYODに対応する。

 アプリの管理については、Google Playで提供されているアプリをサイレントインストール、アンインストールできる。管理者が承認したアプリのみを端末のGoogle Playに表示して、提供元が不明の悪質なアプリのインストールを防止する。

 ホワイトリスト形式とブラックリスト形式の両方でアプリを管理、制御することも可能。ダウンロードのブロックやライセンスの一括配信などでサードパーティ製アプリや社内アプリを管理、設定することもできる。

 特定の従業員のアプリをエンドユーザーの介入なしにリモートで設定できる。アプリをホワイトリストに追加することでアプリのインストールや更新の適用も自動化できる。

 スクリーンキャプチャを無効化し、電話発信の禁止など、制御ポリシーは拡充できる。Work Profileでは異なる領域間でのコピー&ペーストを禁止する設定など、管理タイプに応じて最適に設定できる。

Android for Workのまとめ
用途と機能Androidスマートフォンの業務利用を支援するEMM
特徴管理方法は端末の種類によって、Work Managed DeviceとWork Profileの2タイプが用意。ホワイトリスト形式とブラックリスト形式の両方でアプリを管理、制御することも可能。スクリーンキャプチャを無効化し、電話発信の禁止など、制御ポリシーは拡充できる
税別価格(ソフトバンクの場合)1ユーザーあたり月額300円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]