PaaS Google

Android for Work:Googleが提供する企業向けモバイル管理用プラットフォーム

「Android for Work」は企業向けのモバイル管理用プラットフォームだ。従業員が個人所有するデバイスを業務に活用する「BYOD」の実現を支援する。

 Googleの「Android for Work」は企業向けのモバイル管理用プラットフォームだ。従業員が個人所有するデバイスを業務に活用する「BYOD」の実現を支援する。デバイスやモバイル環境、アプリケーションの管理など、BYODを導入する際に必要な仕組みをパッケージ化して提供する。

 企業はAndroid for Workを利用することで、1台のデバイスを個人用と業務用に分離することが可能だ。業務用として設定されているエリアでは、Enterprise Mobile Management(EMM)」の仕組みを使い、端末管理、プロファイル管理、アプリ管理、セットアップ管理を実施する。


Android for Workの画面

 リモートからの業務関連データの消去なども可能だ。企業の管理者は、端末所有者の個人データに影響を与えず、業務に関係するすべてのポリシー、アプリケーション、データをリモートから消去できる。

 Android for Workは無料で利用できる。GoogleはサードパーティのEMMプロバイダ向けに、Android for Workソリューションを作成するためのインフラの提供もしている。

Android for Workの概要
用途と機能企業向けモバイル管理用プラットフォーム。BYODの実現を支援する
特徴1台のデバイスを個人用と業務用に分離する。リモートからの業務関連データ消去なども可能
価格(税別)無料
導入企業世界銀行、米国陸軍、Guardian Life Insurance Company
現行版の提供開始日2015年2月

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan