標的型攻撃対策 Microsoft

Microsoft Advanced Threat Analytics:オンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフト

「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」はオンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフトウェアだ。企業における様々なアクティビティを分析して異常を検知し、標的型攻撃を防ぐ。

 Microsoftの「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」はオンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフトウェアだ。企業における様々なアクティビティを分析して異常を検知し、標的型攻撃を防ぐ。

 ATAの最大の特徴は機会学習を活用していること。ATAは、通常か異常かを問わず、すべてのアクティビティを自動的に分析、学習、識別する。例えば、企業内でWindows ServerのActive Directoryにアクセスする全ての人物や機器を監視し、異常を検知する、といったことが可能だ。


Microsoft Advanced Threat Analyticsの画面

 スタンドアロン版のほか、同社の「Enterprise Mobility Suite(EMS)」や「Enterprise Client Access License(ECAL)」の一部としても入手できる。

 ATAは、Microsoftが2014年に買収したクラウドセキュリティの新興企業Aoratoのテクノロジを基に開発したソフトだ。

Microsoft Advanced Threat Analyticsの概要
用途と機能標的型攻撃を防ぐためのサイバーセキュリティソフトウェア標的型攻撃を防ぐ
特徴機械学習を活用し、アクティビティを自動的に分析、学習、識別する
価格(税別)一人当たり80ドル、1OS当たり61.50ドル(国によって変わる可能性あり)
導入企業
現行版の提供開始日2015年8月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan