標的型攻撃対策 Microsoft

Microsoft Advanced Threat Analytics:オンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフト

「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」はオンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフトウェアだ。企業における様々なアクティビティを分析して異常を検知し、標的型攻撃を防ぐ。

 Microsoftの「Microsoft Advanced Threat Analytics(ATA)」はオンプレミス環境向けのサイバーセキュリティソフトウェアだ。企業における様々なアクティビティを分析して異常を検知し、標的型攻撃を防ぐ。

 ATAの最大の特徴は機会学習を活用していること。ATAは、通常か異常かを問わず、すべてのアクティビティを自動的に分析、学習、識別する。例えば、企業内でWindows ServerのActive Directoryにアクセスする全ての人物や機器を監視し、異常を検知する、といったことが可能だ。


Microsoft Advanced Threat Analyticsの画面

 スタンドアロン版のほか、同社の「Enterprise Mobility Suite(EMS)」や「Enterprise Client Access License(ECAL)」の一部としても入手できる。

 ATAは、Microsoftが2014年に買収したクラウドセキュリティの新興企業Aoratoのテクノロジを基に開発したソフトだ。

Microsoft Advanced Threat Analyticsの概要
用途と機能標的型攻撃を防ぐためのサイバーセキュリティソフトウェア標的型攻撃を防ぐ
特徴機械学習を活用し、アクティビティを自動的に分析、学習、識別する
価格(税別)一人当たり80ドル、1OS当たり61.50ドル(国によって変わる可能性あり)
導入企業
現行版の提供開始日2015年8月

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?
  4. 【成功事例】保存データ最大99%削の快挙、バックアップ5分!大量のPCを運用自動化、負担大幅減
  5. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]