ストレージ デル

Compellent:オールフラッシュ構成にもできるデルのネットワーク接続ストレージ

Compellentは、Dellが提供するネットワーク接続ストレージ(NAS)製品ファミリ。

 Compellentは、Dellが提供するネットワーク接続ストレージ(NAS)製品ファミリ。高パフォーマンスのフラッシュSSD(ソリッドステートドライブ)のみを搭載するオールフラッシュ構成のほか、フラッシュSSDと容量単価の低いHDD(ハードディスクドライブ)を組み合わせたハイブリッド構成を取れる。

 シンプロビジョニングとポリシーベースのデータ削減の機能などを備える。ハイブリッド構成では、使用頻度の高いデータをフラッシュSSDに配置し、使用頻度の低いデータをHDDに配置する自動階層化機能を使うことで、高パフォーマンスと大容量を確保しつつ、コストを抑制できる。

Compellent SC280 Dense Enclosure
Compellent SC280 Dense Enclosure

 「Compellent SC8000」は、効率的なストレージ運用と柔軟なデータ管理を可能にするコントローラ機能を提供する。デュアルコントローラ構成にすることで、高可用性およびフェイルオーバーを実現できる。コントローラ1台あたり、動作周波数2.5GHz、6コアのインテルXeonプロセサを2基と、16GBまたは64GBのメモリーをサポートする。

 「Compellent FS8600」は、単一の名前空間で最大4P(ペタ)バイトまでサポートするスケールアウト対応のNASである。パフォーマンスの段階的な拡張が可能で、最大49万4000SPECsfs OPS、スループットは最大11.9GB/秒を実現できる。

 ほかに、3.5インチSSDおよびHDDを最大12台サポートする2Uサイズのエンクロージャ「Compellent SC200」、2.5インチHDDまたはSSDドライブを最大24台サポートする2Uサイズのエンクロージャ「同SC220」、3.5インチの6TBまたは4TBドライブを最大84台サポートする5Uサイズのエンクロージャ「同SC280」(写真)などがある。

 中小規模環境向けには、コントローラ機能を備えたオールインワン型アレイの「Storage SC4020」と「Storage SCv2000シリーズ」を提供する。エントリ製品のStorage SCv2000シリーズは、ファイバチャネル、iSCSIまたはSAS接続が利用可能。2Uモデルは3.5インチ・ドライブベイ12個(SCv2000アレイ)、または2.5インチ・ドライブベイを24個(SCv2020アレイ)搭載。5Uモデルの「SCv2080高密度アレイ」は最大84個の3.5インチ・ドライブベイによる構成が可能になっている。

Compellentの概要
用途と機能オールフラッシュ構成、あるいはハイブリッド構成を採ることができるネットワーク接続ストレージ
特徴自動階層化機能を使うことで、高パフォーマンスと大容量を確保しつつ、コストを抑制できる。
格納データ容量「Compellent FS8600」は、単一の名前空間で最大4P(ペタ)バイトまでサポートする。Storage SCv2000シリーズは3.5インチ・ドライブベイ12個(SCv2000アレイ)など。
価格(税別)Compellent SC8000 Storage Centerコントローラが119万円から、Storage SCv2000シリーズが159万9000円から、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]