クラウドストレージ ファイル共有 日本アイ・ビー・エム

IBM Connections Files Cloud:アクセス権限設定で外部とファイルを共有

オンラインストレージサービスの「IBM Connections Files Cloud」は、アクセス権限を設定して外部ともファイルを共有できる。ライフサイクルにあわせてファイルを制御することも可能だ。

 日本IBMの「IBM Connections Files Cloud」は、企業向けのオンラインストレージサービス。アクセス権限の設定で企業内外のファイル共有に利用できる。企業内と企業外で異なるストレージサービスを使う必要がない。ブラウザまたはモバイルアプリケーション「IBM Connections」(iOS/Android)から利用する。

 各ファイルごとに(a)ファイルの所有者だけが閲覧できる「非公開」、(b)同一組織内の利用者が閲覧できる「公開」、(c)組織外を含む指定された利用者だけが閲覧できる「共有」――の3種類のアクセス権を指定する。それぞれの指定で「読者」(参照)もしくは「編集者」(参照と更新)の権限でファイルにアクセスする。

 アクセス権限の設定によって、企業内外のファイル共有に利用できる。例えば、「作成初期の資料は個人のみにアクセスを許可し、完成後に組織に公開し、関係者によって改版された後、取引先にも共有する」といったファイルのライフサイクルにあわせて制御できる。

 バージョン管理や改版の通知、ファイルに対して覚書を付けるコメント機能、必要なファイルをフォローできる機能など組織全体でファイルを活用するための機能を提供する。

IBM Connections Files Cloudの画面
IBM Connections Files Cloudの画面(日本IBM提供)
IBM Connections Files Cloudの概要
用途と機能社内外のファイル共有に向いたオンラインストレージサービス
提供形態SaaS型クラウドサービス
特徴ファイルごとに3段階のアクセス権限(所有者のみ、組織内のみ、指定したユーザーのみ)を設定することで社内外のファイル共有に利用できる
クライアント環境ブラウザ、モバイルアプリケーション(iOS/Android)
容量1ユーザーあたり1Tバイト
税別価格1ユーザーあたり月額571円(1~100ユーザー)
発表日2015年3月10日
出荷日2015年3月10日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]