アクセス管理 日本セーフネット

SafeNet Authentication Service:クラウドベースの認証サービス

ワンタイムパスワード、スマートフォン用トークン、ソフトウェアトークン、マトリクス認証などさまざまな認証方式をサポートする。

 SafeNet Authentication Service(SAS:SafeNet認証サービス)は、サービスプロバイダと企業を対象にしたクラウドベースの認証ソリューションである。セキュアで自動化されたAuthentication as a Service(AaaS)サービスと、SAML(Security Assertion Markup Language)ベースのシングルサインオンを提供する。

 SafeNet認証サービスは、ワンタイムパスワード、スマートフォン用トークン、ソフトウェアトークン、マトリクス認証などさまざまな認証方式をサポート。クラウド、アプリケーション、ネットワーク、WindowsやUNIXへのログインなどパスワードが使用されている個所であればどこでも適用できる。実装にはRADIUS認証、SAML認証、API認証を使用する。

SafeNet認証サービスの画面(SafeNetウェブサイトより)
SafeNet認証サービスの画面(SafeNetウェブサイトより)

 自動ワークフロー、ベンダーに依存しないトークンの統合、認証、管理、セルフサービス、豊富なウェブサービスAPIのサポートにより、認証プロセスをシンプル化。プロビジョニングやユーザー/トークン管理における作業時間やコストを削減する。ユーザー登録やユーザーへのトークン配布を自動化できるほか、ユーザーが自分で自分を管理できるセルフサービスポータルを提供する。

 セーフネットは2014年2月25日に、SafeNet認証サービスが情報セキュリティ管理の国際規格「ISO 27001:2005認定」を取得したことを発表した。ISO 27001は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の実装、構築、保守、継続的な改善に携わる企業を対象としたプロセスベースの認定規格である。

SafeNet Authentication Serviceの概要
用途と機能クラウドベースの認証ソリューションを提供するAaaSサービス
特徴セキュアで自動化されたAuthentication as a Service(AaaS)サービスと、SAML(Security Assertion Markup Language)ベースのシングルサインオンを提供する。
価格(税別)5400円/ユーザー/年(アセンテックにおける価格例)、など
導入企業(ユーザー)ブラザー工業、英Specsavers、アイルランドのHSCNI(Health & Social Care in Northern Ireland)など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan