アクセス管理 SSO ワンタイムパスワード ジェムアルト

SafeNet Authentication:ワンタイムやトークン対応のクラウド型認証サービス

クラウド型認証システム「SafeNet Authentication Service」は、ログインを一元化。SAMLベースのシングルサインオンを提供する。ワンタイムパスワードやスマホトークン、マトリクスなどに対応する。

SafeNet Authentication Serviceのポイント

  • パスワードが使用されている個所であれば、どこでも適用可能
  • ワンタイムパスワードやトークン、マトリクスなどに対応
  • 実装にはRADIUSやSAML、APIを使用

SafeNet Authentication Serviceの製品解説

 ジェムアルトの「SafeNet Authentication Service」は、クラウドベースの認証システム。セキュアで自動化された認証サービス(Authentication as a Service:AaaS)と、SAML(Security Assertion Markup Language)ベースのシングルサインオンを提供する。

編集部おすすめの関連記事

 ワンタイムパスワード、スマートフォン用トークン、ソフトウェアトークン、マトリクスなどさまざまな認証方式をサポート。クラウド、アプリケーション、ネットワーク、WindowsやUNIXへのログインなどパスワードが使用されている個所であれば、どこでも適用できる。実装にはRADIUSやSAML、APIを使用する。

 自動ワークフロー、ベンダーに依存しないトークンの統合、認証、管理、セルフサービス、APIのサポートで認証プロセスをシンプル化。プロビジョニングやユーザー/トークン管理における作業時間やコストを削減する。ユーザー登録やユーザーへのトークン配布を自動化できるほか、ユーザーが自分で自分を管理できるセルフサービスポータルを提供する。

 認証に必要な仕組みをクラウドベースで提供しているため、認証サーバ構築やライセンス購入などにかかる初期費用は不要。マルチティアやマルチテナントのクラウド環境へ簡単に移行でき、クラウドやオンプレミスのアプリケーションからネットワーク、ユーザー、デバイスに至るまですべてを保護することが可能だ。

SafeNet Authentication Serviceのイメージ(出典:ジェムアルト)
SafeNet Authentication Serviceのイメージ(出典:ジェムアルト)
SafeNet Authentication Serviceのまとめ
用途と機能セキュアで自動化されたAaaSとSAMLベースのシングルサインオンを提供するクラウドベースの認証システム
特徴ワンタイムパスワード、スマートフォン用トークン、ソフトウェアトークン、マトリクス認証などさまざまな認証方式をサポート。ログインなどパスワードが使用されている個所であればどこでも適用可能。実装にはRADIUSやSAML、APIを使用

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]