メール 日本アイ・ビー・エム

IBM Verse:大事なメールが埋もれない統合コミュニケーションサービス

クラウドメールサービス「IBM Verse」は、カレンダーやチャット、ファイル共有、ビデオ通話などコミュニケーション機能を1つに統合。メール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示する。

IBM Verseのポイント

  • メール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示
  • メール画面から各種のソーシャル機能に連携
  • 「要アクション」と「対応待ち」としてフォルダ管理

IBM Verseの製品解説

 日本IBMの「IBM Verse」は、メール機能を中核にカレンダーやチャット、ファイル共有、ビデオ通話など企業向けのコミュニケーション機能を1つに統合したサービス。現状のメールが抱える課題を解決することを狙っている。SaaSとして提供しており、ブラウザやモバイルアプリケーションから利用する。

編集部おすすめの関連記事

 現状のメールが抱える課題は、受信ボックスの中でどのメールに注目すればいいのかが分からず、順番に見ていく必要があること。大量のメールの中から必要な情報を見つけることも難しい。

 Verseでは、過去のメール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示する。重要性の低いメールのスレッドを非表示にすることもできる。さらに、データ分析や絞り込み検索によって、メールの検索を支援する。

 メール画面から各種のソーシャル機能に連携できる。例えば、メールに含まれる関係者のプロフィールや組織階層の確認、在席確認やチャット、添付ファイルの参照・編集や他のメンバーへの共有といった作業を1つの画面から簡単な操作で実行できる。

 対応が必要な受信メールを「要アクション」、相手の対応を待つ送信メールを「対応待ち」としてフォルダ管理でき、業務の対応漏れを防ぎぐことができる。また、メールやカレンダー、重要な関係者へのアクセスなど、業務に必要な機能が単一画面に配置され、業務効率の向上も実現できる。


Verseの活用イメージ(出典:日本IBM)
IBM Verseのまとめ
用途と機能メール機能を中核にカレンダーやチャット、ファイル共有などの各種機能を統合したコミュニケーションソフト
特徴メール履歴などから重要性の高いメール(重要なメール相手)を判断して優先的に表示することで大事なメールが埋もれないようにする機能を備える
税別価格1ユーザーあたり月額693円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan