メール 日本アイ・ビー・エム

IBM Verse:大事なメールが埋もれない統合コミュニケーションサービス

クラウドメールサービス「IBM Verse」は、カレンダーやチャット、ファイル共有、ビデオ通話などコミュニケーション機能を1つに統合。メール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示する。

IBM Verseのポイント

  • メール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示
  • メール画面から各種のソーシャル機能に連携
  • 「要アクション」と「対応待ち」としてフォルダ管理

IBM Verseの製品解説

 日本IBMの「IBM Verse」は、メール機能を中核にカレンダーやチャット、ファイル共有、ビデオ通話など企業向けのコミュニケーション機能を1つに統合したサービス。現状のメールが抱える課題を解決することを狙っている。SaaSとして提供しており、ブラウザやモバイルアプリケーションから利用する。

編集部おすすめの関連記事

 現状のメールが抱える課題は、受信ボックスの中でどのメールに注目すればいいのかが分からず、順番に見ていく必要があること。大量のメールの中から必要な情報を見つけることも難しい。

 Verseでは、過去のメール履歴から重要な人を推測し、関連するメールを優先的に表示する。重要性の低いメールのスレッドを非表示にすることもできる。さらに、データ分析や絞り込み検索によって、メールの検索を支援する。

 メール画面から各種のソーシャル機能に連携できる。例えば、メールに含まれる関係者のプロフィールや組織階層の確認、在席確認やチャット、添付ファイルの参照・編集や他のメンバーへの共有といった作業を1つの画面から簡単な操作で実行できる。

 対応が必要な受信メールを「要アクション」、相手の対応を待つ送信メールを「対応待ち」としてフォルダ管理でき、業務の対応漏れを防ぎぐことができる。また、メールやカレンダー、重要な関係者へのアクセスなど、業務に必要な機能が単一画面に配置され、業務効率の向上も実現できる。


Verseの活用イメージ(出典:日本IBM)
IBM Verseのまとめ
用途と機能メール機能を中核にカレンダーやチャット、ファイル共有などの各種機能を統合したコミュニケーションソフト
特徴メール履歴などから重要性の高いメール(重要なメール相手)を判断して優先的に表示することで大事なメールが埋もれないようにする機能を備える
税別価格1ユーザーあたり月額693円

「メール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]